ライトノベル

仮面伯爵は黒水晶の花嫁に恋をする(TL)【ライトノベル紹介 感想】

 

こんにちは、なとりです。

 

今回紹介するライトノベルは

仮面伯爵は黒水晶の花嫁に恋をする』

 

 

Kindle Unlimited】で読むことができます。(2020年5月)

※読み放題対象から外れる場合もありますのでご注意ください。

【Kinlde Unlimited】小説・漫画・雑誌等 読み放題サービス 入会・解約方法【30日無料期間有り】 こんにちは、なとりです。 今までKindle Unlimitedで読めるライトノベルを何冊か紹介したので ...

 

当ブログに記載されている内容は、当サイトの管理人の個人的な見解によるものです。

漫画や書籍の作者様の思想等とは一切関係がございませんので、ご了承ください。

また当サイトで掲載・引用している画像は、利用者様に作品のイメージをより分かりやすく伝えるために引用させて頂いております。

著作権を侵害することを目的としていませんが、万が一問題がある場合はお手数ですが、免責事項メールアドレスよりお問い合わせをお願いいたします。

 

 

あらすじ

 

クリスタはある日異母妹のステファニアから子供を身篭ったと告げられる。

その相手はクリスタの婚約者ミケーレとの間の子供だった。


クリスタは破産寸前のフェルミ家を再建する為一人領地を管理していたが継母であるデボラとミケーレの策略によって領地と爵位も奪われてしまう。

その上厄介払いとばかりに人嫌いの変わり者で有名且つ結婚にいくつもの酷い条件を上げてきた辺境伯に無理やり嫁がされることに。


そうして結婚することになった辺境伯ジェラルドは常に仮面を被り素顔も見せてくれず、娶ったのも跡継ぎを産む為だと言われてーー

 

『仮面伯爵は黒水晶の花嫁に恋をする』魅力

 

『仮面伯爵は黒水晶の花嫁に恋をする』の魅力を紹介していきます。

まず継母が結構酷い

 

クリスタの母がフェルミ家の血筋で父は婿養子なのですが、

父は愛人を囲っていてクリスタの母が病気で亡くなると共にその愛人デボラと娘ステファニアを迎え入れます。

 

デボラはクリスタに冷たくあたり、実子のステファニアばかりを甘やかし特別扱いをしています。

 

その中でクリスタはドレスもほとんど買ってもらえず、容姿も美しいのにステファニと違って可愛げがないと常に貶されることで自信も失ってしまいます。

 

父も愛人の為デボラ達をずっと日陰扱いさせていたことから強く出られず、

二人が浪費ばかりするのを止められず領地の経営もままならなくなり酒に溺れてしまいます。

 

それをクリスタがなんとか再建しようとしていたのですが根こそぎ奪って追い出すのがデボラです。

 

なとり
なとり
なかなかの胸糞具合ですよね。

 

その上婚約者のミケーレもクリスタ を裏切るというボロボロの状態でジェラルドの元へと嫁ぎます。

 

 

 

ジェラルドの不器用さ

 

常に仮面を被っているジェラルドですがそれにはもちろん理由があります。

 

今は絶滅してしまったと言われている宝石人という人種(というのかな?)で生まれた時から額に非常に綺麗な宝石が埋め込まれています。

 

宝石人は非常に高値で取引されていたことからそれを利用されない為、混乱を避ける為に常に仮面を被るようにしています。

 

宝石人であることは亡くなってしまった両親と執事のダンテしか知りません。

 

 

そんな生い立ちから人嫌いで結婚も諦めていた中デボラが話を持ちかけてきて適当にあしらう為面倒な条件を突きつけた中でやってきたのがクリスタです。

 

デボラやミケーレからの情報でクリスタの心象も悪い状態でしたがクリスタは美しく、

噂とも違う印象を受け最初は戸惑うもののうっかりクリスタに一目惚れしてしまったジェラルドは疑問はあるもののとりあえずは据え膳美味しくいただきます。笑

 

その後ジェラルドの視点も入ってきて結構動揺していたことや、

クリスタに対する思いなども描かれているので読む側としてもお互いの考えもすれ違いも安心して見ていられます。

 

 

 

縮んでいく距離感

 

その後ジェラルドはクリスタとの距離を詰めようと一緒に食事をとるようにしたり、

夜一緒に話す時間を作ったりするようになります。

 

なんとか頑張るジェラルドの様子も可愛く、クリスタのジェラルドへの気持ちにも少しずつ変化があります。

 

距離感が近づいていく過程がよかったです。

 

 

ファンタジー要素もあり

 

ジェラルドは宝石人であることから鉱山で鉱物類の場所を感知したり金属を操ったり、

金属の思いが分かったりと特殊能力も持っています。

 

その力が終盤色々と働いていくのですが、

途中からそういったファンタジー要素が折り込まれていくのでその変化についていけなくなる方もいるかもしれません。

 

ただ序盤は主に二人の関係性を出してるのでそれを盛り込むと長くなってしまいそうなので難しかったのかなとも思います。

 

 

書籍情報


タイトル 仮面伯爵は黒水晶の花嫁に恋をする
作者 小桜けい
イラスト 欧坂ハル
出版社 ジュリアンパブリッシング
発売日 2016年5月27日

 

 

まとめ

 

しっかり者のヒロインが素敵な作品です。

 

TLなので塗れ場シーンもありますが、ストーリーや恋愛過程も織り込まれているバランスの良いお話だったと思います。

 

 

ABOUT ME
なとり
少女漫画、乙女ゲーム、女性向けライトノベルなど恋愛ものが主食ですが、百合、BLもつまみ食いしてます。 漫画、乙女ゲーム、ライトノベルの紹介・感想などを配信する趣味の雑記ブログです。 楽しんでいただけると嬉しいです。