ライトノベル

婚約者を略奪されたら、腹黒策士に熱烈に求愛されています!!(TL)【ライトノベル紹介 感想】

 

こんにちは、なとりです。

今回紹介するライトノベル作品は

『婚約者を略奪されたら、腹黒策士に熱烈に求愛されています!!』

 

こちらはTLの小説になります。

 

Kindle Unlimitedの中で読めるものを漁っているのでとりあえずレビュー数が多いものを読もうかなと思って選びました。

なので最初はTLの作品だと思ってなかったです。

TL系の小説は初めて読んだのですがお話もしっかりしていて読み応えがありました!

 

 

Kindle Unlimited】で読むことができます。(2020年5月現在)

※読み放題対象から外れる場合もありますのでご注意ください。

【Kinlde Unlimited】小説・漫画・雑誌等 読み放題サービス 入会・解約方法【30日無料期間有り】 こんにちは、なとりです。 今までKindle Unlimitedで読めるライトノベルを何冊か紹介したので ...

 

当ブログに記載されている内容は、当サイトの管理人の個人的な見解によるものです。

漫画や書籍の作者様の思想等とは一切関係がございませんので、ご了承ください。

また当サイトで掲載・引用している画像は、利用者様に作品のイメージをより分かりやすく伝えるために引用させて頂いております。

著作権を侵害することを目的としていませんが、万が一問題がある場合はお手数ですが、免責事項メールアドレスよりお問い合わせをお願いいたします。

 

あらすじ

美しき天才軍師×仕事中毒令嬢

「おい。そんな目でみるな。暴発したらどうする」

誰かの一番になりたかった少女が絡め囚われたのは
抜け出せないほどの甘く淫らな恋の罠

「辺境伯領は私がいただきます。けれど、夫はいりません」

婚約者を姉に奪われ、婿養子にして家を任せる予定だった
姉の婚約者、アンセルムと結婚するよう言われたシュゼット。
我慢の限界を超えた彼女は彼を拒否し自分で領地の統治に乗り出す。
軍の出世頭の地位をあっさり手放し彼女の補佐につくアンセルム。

「お前の子供の父親は、誰にも譲るつもりはない」

情熱に流され一夜を共に過ごすも彼は辺境伯家が目的ではないかと思い乱れ!?

 

基本情報

 

 

タイトル 婚約者を略奪されたら、腹黒策士に熱烈に求愛されています!!
作者 クレイン
イラスト すらだまみ
出版社 竹書房
発売日 2019年09月10日

 

 

 

『婚約者を略奪されたら、腹黒策士に熱烈に求愛されています!!』の魅力

 

『婚約者を略奪されたら、腹黒策士に熱烈に求愛されています!!』の魅力を簡単に紹介していきます。

 

ネタバレも含まれますので気になる方はご注意ください。

 

 

ヒロインが魅力的

 

恋愛もののお話を読む上で個人的にヒロインが魅力的かというのが結構大きいポイントだと思っているのですが、

この作品のヒロイン(シュゼット)はしっかり者で辛い場面でも自己奮起し、立ち向かっていける自立した主人公なのがポイントです。

 

家族から虐げられていたけれど王宮で侍女として働く様になり世界が広がっていき

その経験が自信へと繋がり成長していくヒロインはかっこいいな〜って憧れますね。

 

姉は自己中心的で両親は救いようのない感じなのですが

婚約破棄になったことで家族に言い返すシーンは爽快感あって良かったです。

 

辺境伯として奮闘していくストーリー

 

恋愛面のお話だけでなく女辺境伯となり領地をまとめていくストーリーも面白かったです。

侍女のロザリーや、アンセルム(ヒーロー)など周りの助けもありますが頼りっぱなしじゃなく自分で有言実行していくところが読み手としても応援したくなります。

 

なとり
なとり
侍女のロザリーもなかなか良いキャラで幼少期からシュゼットの味方として側にいてくれるのが心強いです。

 

終盤戦争になったりと展開も恋愛面とともに盛り上がっていき最後まで楽しめます。

 

 

堅物と見せて実は結構振り切れてるヒーロー

 

作者さんの後書きにプロットの段階ではもう少しまともな男性でした。とのことで予定より結構振り切れたキャラクターになった様です。

 

私は最初タイトルに腹黒策士とあったので

「寡黙で堅物だけど虎視淡々と策略を巡らせている感じなのかな?」

と思っていたのですが

婚約破棄により王宮から領地に戻る際アンセルムも王宮の軍を辞めシュゼットについていくと告げ突如求愛行動をしてくるので急にぐいぐいくる様になってびっくりしました。

 

腹黒さは追々出てくるのですが、それよりも真面目に愛を囁いてくるギャップの方が面白可愛いかったですね。

 

確かにシュゼットは素直になれないので彼女を落とすには

多少強引なでないと上手くいかないと思うので彼はあれで良かったんだなと思います。

 

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

初めてエロ有りの小説を読んだのですが、ストーリーもきちんとあって、恋愛過程もしっかりと書かれている中でのシーンだったのでバランスも取れていて良かったと思います。

挿絵イラストのシュゼットは可愛いけれど少々幼すぎるかなというところはありますが、

挿絵が入るシーンと絵のポイントは押さえていたと思います。

 

ABOUT ME
なとり
少女漫画、乙女ゲーム、女性向けライトノベルなど恋愛ものが主食ですが、百合、BLもつまみ食いしてます。 漫画、乙女ゲーム、ライトノベルの紹介・感想などを配信する趣味の雑記ブログです。 楽しんでいただけると嬉しいです。