乙女ゲーム

遙なる時空の中で6 *乙女ゲーム紹介【感想ネタバレ ON/OFF有】

こんにちは、なとりです。

 

今回紹介する作品は

『遙なる時空の中で6』

 

 

遙か7も非常に良かったのですが、6も負けず劣らず大好きな作品なので、是非興味を持ってもらいたいです!

 

 

 

普通の高校生だった主人公はある日大正時代に似た異世界に「黒龍の神子」として召喚されることからお話は始まります。

鬼の一族と帝国軍。

帝都東京を安寧へと導くため両者の立場・争いに巻き込まれていく彼女はどうなっていくのかーーと言ったお話です。

 

 

 

こんな人におすすめ

Switchでプレイできる乙女ゲームがプレイしたい

大正時代が好き(レトロモダンな雰囲気)

恋愛以外の要素もあってほしい(戦闘システム有)

女の子の友情・絆も感じられる作品が好き

他遙かシリーズをプレイしたことがある方

 

どれか当てはまるものがありましたら是非以下紹介記事を読んで興味を持ってもらえると嬉しいです。

 

 

 

 

遙かシリーズ初心者の方へ

 

遙かシリーズ初心者さんは

 

うさぎ
うさぎ
前のシリーズプレイしていなくても大丈夫かな?システムとか戦闘とか大変そう…

 

と思うかもしれませんが、大丈夫です!

 

 

 

遙かはシリーズごとに舞台も、キャラクターもストーリーも違うのでどのシリーズからプレイしても楽しめます。

 

 

シリーズ共通としてある世界観・設定は以下の文章内容くらいです。

 

 

「遙かなる時空の中で」とは

主人公は異世界を救うために召喚された普通の女子高生。 異世界が危機に陥るとき、「龍神の神子」が召喚されてその活躍により異世界は救われてきました。
その世界では「八葉」と呼ばれる神子を助ける8人の男性が存在し、主人公は八葉たちとともに物語を紡いでいきます。 これまで何人かの神子が召喚され、日本によく似た異世界のさまざまな時代を舞台に活躍してきました。

引用:公式ホームページより

 

 

 

 

戦闘もありますがチュートリアルもありますし、

難易度も「やさしい、普通、難しい」から選択することもでき、

負けてしまった場合もやり直し機能があるので安心してください。

 

また2週目からは1度戦った敵との戦闘はスキップできるようにもなります。

 

それに案外やってみたらキャラクターたちの戦闘会話もあったりと楽しくなってきます。

 

 

 

なとり
なとり
6をプレイしてみて、気になる別シリーズがあればそちらもプレイして遙かの世界を楽しんでみてください!

 

 

 

ちなみに6はSwitch版だと続編『幻燈ロンド』も一緒に同梱されていて1本で長く遊べるようになっています。

 

 

ちなみに今ならニンテンドーeショップでDL版が

50%OFFで購入できます!

8月18日までなのでこのお盆休みにでもプレイしてみてください~

 

 

詳しくは公式ホームページへ

 

 

 

ではあらすじ、登場人物、魅力などを紹介していきます!

 

 

当ブログに記載されている内容は、当サイトの管理人の個人的な見解によるものです。

漫画、書籍、ゲーム作品等作者様の思想等とは一切関係がございませんので、ご了承ください。

また当サイトで掲載・引用している画像は、利用者様に作品のイメージをより分かりやすく伝えるために引用させて頂いております。

著作権を侵害することを目的としていませんが、万が一問題がある場合はお手数ですが、免責事項メールアドレスよりお問い合わせをお願いいたします。

 

 

 

 

あらすじ

 

 

──長きをもって、栄えし世にも、終末が来る。
普通の女子高生だった主人公・高塚梓(たかつかあずさ)は、
祖母の見舞いに出向いた病院で、不思議な声に誘われ
大正時代に似た異世界へ時空移動をしてしまう。

帝都東京。
新たな文化・思想と古き伝承がともに息づくこの街では、
近年、怨霊と呼ばれる異形の存在が蔓延っていた。
帝国軍は対怨霊討伐組織・精鋭分隊を組織し日々、治安を守らせていたが、
帝都の乱れは悪化する一方。巷で流布する終末の予言を怖れる声も増える中、
ついに龍神のお告げが下り、龍神の神子が召喚されることとなった。

帝国軍が執り行った儀式により、召喚された存在こそが主人公──。
だが、異世界に降りたってまもなく、主人公は謎の青年ダリウスに手をとられ、
帝都の西・蠱惑の森へと誘われることとなる。

青年は自らを鬼だと語り、主人公を自らの邸にかくまった。
「さあ、龍神の神子殿。ようこそ、鬼の棲家へ」
帝国軍と、鬼の一族。ふたつの立場。
その抗争に主人公は巻き込まれていく──。

 

出典:公式サイトより

 

 

 

プロモーションビデオ

 

 

 

ゲームの進め方・戦闘システムについて

 

ゲームの進め方・戦闘について簡単に説明していきます。

 

最初は難しそうと思うかもしれませんが徐々に慣れていきますし、効率的にやりくりしたり、戦闘も育成や戦略について考えるのも楽しくなってきますよ!

 

ゲームの進め方

  (画像引用:公式ホームページより)

 

ゲームの進め方としては、メインのストーリーがあって、1日を仲間たちと行動しながら、戦闘をしたり攻略対象とのイベントストーリーを選択しながら進めていきます。

 

ストーリー中で目標(怨霊の討伐数)を設定されるので期日までにそれを達成することも必要となってきますが、個別のイベントに偏りすぎていなければ簡単に達成できます。

 

 

  (画像引用:公式ホームページより)

恋愛イベントの進め方については人物情報から攻略ヒントを確認できるのでこまめにチェックするようにしましょう。

セーブもこまめに行っておけば間違えてしまっても大丈夫です。

 

 

戦闘システム

 

基本的には1日の行動を決める際に選択した仲間2人と主人公で戦闘を行えます。

 

「札」を使った戦闘システムになっていて、札ごとに移動できる範囲や、効果、属性なども違いシンプルながらも戦術性も楽しめるシステムになっています。

 

ソーシャルゲーム慣れしている人はとっつきやすいシステムだと思います。

 

よくわからない!苦手…という方は戦闘レベルを下げればごり押しもできるので大丈夫です。

 

札もレベルが上がっていくことで強くなっていきますし、

2週目以降札のレベルは引き継ぐことができ、戦闘スキップも行えるようになるので周回は楽に行えます。

 

遙か戦闘恒例の仲間同士の協力技・掛け合いもあるのでその会話も楽しいです。

 

また、今作は「黒龍の神子」が主人公ということからシリーズではなかった怨霊の「使役」「招霊」などの能力が使ます。

前作をプレイした方たちにも新しい要素として楽しめるポイントです。

 

 

 

システム面に関して公式サイトにて詳しくまとめられれたページや動画もあるので気になった方はチェックしてみてください!

 

公式サイト(PSP・VITA版サイト)へ

 

 

 

 

『遙か6』の魅力・気になるところ

 

魅力

 

戦闘が楽しい

戦闘システムが良くできていて神子の能力ともうまく使いこなして戦うのが楽しい。

戦闘の会話も主人公との絆・仲間との関係性などで掛け合いが変化したりとパターンも豊富。

斎賀さんのボイスが聞けるのも戦闘パートのみなのでそこも貴重!

 

 

黒龍の神子の要素が良い

全シリーズをプレイした方からしたら新鮮に感じるポイントだと思います。

黒龍の神子として鬼の一族と共にいることも良いですし、黒麒麟も出てきたり、黒龍と会話するシーンもなんだか楽しいです。

神子としての扱いはありますが、八葉がいない(終盤にならないとお話に大きく絡んでこない)というのも攻略対象たちが役目を負っている感じがなくて良かった。

 

 

ストーリーが面白い

基本ラスボスは大体同じなので周回すると終盤はもう分かっているのですが、山場もあり、ドラマ性もあってグイグイお話に惹き込まれていきます。

特に1周目はすごく楽しめるので攻略順とか気にせず一番気になった人をプレイしてみてほしい。

 

 

大正を感じられる世界観

背景を影絵っぽくしていたりシンプルだけど大正モダンな雰囲気が漂っています。と思ったら細かく書き込んである背景もあったりとメリハリもついています。

また遙かは舞台となる時代に合わせた音楽作りがとても良いので音楽も世界観に合っていてとても良かったです。

 

 

気になるところ

 

 

同行者を2人しか選べない

戦闘システムについてですが、選択した同行者2人からその日1日は変更できないのがちょっと面倒です。

 

 

戦闘が面倒

魅力にも上げていてどっちだ!と思うかもしれませんが周回重ねるとやっぱりちょっと面倒。(どっちかと言えば楽しい方ですが)

終盤は戦闘スキップも使いながらやりたい戦闘だけ選んでプレイしました。

 

 

同時進行でプレイすると世界観に浸りきれない

これはコルダシリーズとかにも言えるのですが、同時に恋愛イベント進行しているとどっちつかずな気持ちになってしまって複雑な気持ちになってしまうことがあります。(絞ってプレイすればいいのですが周回が面倒なので…)

けれど効率的に進めていく楽しさもあります。

気持ちを切り替えてプレイしましょう。

 

おすすめ攻略順

 

 

遙かは基本的には1人クリアしたらストーリーの大筋は分かってしまいます。

そういったこともあり1周目が一番楽しいのでできれば一番気になる人からプレイしたもらいたいです。

 

ですが気になる方はいると思うので一応。

 

  1. 本条政虎
  2. ルードハーネ
  3. ノーマルエンド
  4. 有馬一
  5. 片霧秋兵
  6. コハク
  7. 九段
  8. 里谷村雨
  9. ダリウス
  10. 大団円

 

 

ルード、虎はどちらからでも大丈夫です。

物語の真相には関わりのないルートなので、最初にプレイすれば世界観掴めるかなと思います。

 

九段・村雨はちょっとしたネタバレがあったりします。

ダリウスはセンターキャラなので物語の基盤が明かされることもあり、最後にしてみました。

 

まぁでもそこまで大きなネタバレなどもないのであまり気にせず気になった人からプレイしてみてください。

 

 

 

 

登場人物・感想

 

 

感想はネタバレ ON/OFFつけています。

未プレイの方はネタバレは見ずにプレイすることをおすすめします!

 

 

高塚 梓  (※名前変更可能) cv.斎賀みつき      

現代の女子高生。16歳。龍神の神子として異世界に召喚されるが、
破壊を司る「黒龍の神子」であることは知らされていない。
冷静な判断ができるが、意外と情にもろい面も。
祖母思いで、病院に見舞いに行っていた際に声に誘われ、時空移動を果たす。

公式サイトより引用

 

 

すっごく可愛い。私が乙女ゲームの主人公で好きな子1、2を争うくらい好きな子です。

可愛いだけじゃなくてカッコ良さや潔さもあって本当にいい子です。

女子高校生らしいところも持っているけれど間違いや過ちは認めた上で自分で考えてその先に行動を移していけるところが素敵。

そりゃあみんな好きになるよね。と納得。

 

 

有馬 一 cv.寺島拓篤

帝国軍の対怨霊討伐組織、精鋭分隊の隊長。23歳。
怨霊討伐において、帝国軍内で右に出る者はいない。
軍人らしく、めったに笑顔を見せない高潔な人物。決断が早く、迅速果敢な行動をとる。
龍神の神子を捜索している。

公式サイトより引用

 

 

ネタバレ有 感想

個人的には有馬さんは正直幻燈ロンドのストーリーの方が好きです。

お互い気になっているのに無駄にもだもだしているのが楽しいので。

 

彼は生真面目で正義感の強い人ですが優しさも持ち合わせています。

それ故に気もない女子に気を持たせてしまう罪な方です。

 

最後に梓が帰るとなった時引き留めて欲しいのに有馬もそれを耐えて見送ろうとし、口喧嘩になって仲直りするところが可愛らしかった。

 

また昔禍津迦具土神に関わっていたことで呪縛に取り込まれてしまうという流れはなるほどと思ったし、阿弥陀ケ原が最終決戦場になったのも熱かった!

どう考えてもダリウスの方が救助に行くのには向いているけれど譲らないところ、覚悟があるところが軍人で硬派な有馬さんが現れていて良かったです。

 

照れ顔立ち絵の見せ方がとても良かったです!

 

ダリウス cv.鈴村健一

鬼の一族として、異質な美しさを持つ青年。24歳。
幻術に秀でており、術を駆使して帝都の森の奥に潜んで暮らしている。
異世界に時空移動した主人公を広大な邸にかくまった人物。
基本的には主人公を甘やかすように接するが、その真意は知れない。

公式サイトより引用

 

 

ネタバレ有 感想

こういうキャラ、やっぱり好きなんです。

本心を柔らかい雰囲気で隠して掴ませてくれないくせにその実結構深いものを持っていてそれを自分でなんとかしようと勝手に行動してしまう人。あと実は寂しがりとか…ね。

 

ダリウスは鬼の首領でもあり、禍津迦具土神や憑闇を生み出してしまった原因に関わってしまったことなど色々と背負っているので行動の理由とかは理解できてしまいますね〜

 

序盤甘やかされまくっている間はこの後何が起きるんだと構えていましたが、梓ちゃんはそれに結構ドキマギしたり絆されてしまっているのが見ていて可愛かった。

そうだよね。高校生だし不安なところを美麗な青年が優しくしてくれたらそうなるよね。って。

 

けれども最後は梓の方が強くなっちゃって、ダリウスを救うお話になっているのが有馬との対比みたいになっていて良かったです。

 

蠱惑の森組でダリウスがお父さん感出して来るシーンも好き。今作は鬼組がすごく好きになりました。

 

 

コハク cv.阿部敦

帝都に蔓延する、原因不明の病を患った青年。病の影響で記憶を失っている。17歳。
軍人に捕縛されそうなところをかくまわれた経緯で、ダリウスの邸に居候することに。
明るく、てらいのない性格で、世話を申し出てくれた主人公を慕っている。

公式サイトより引用

 

 

ネタバレ有 感想

コハクはとても良い子で可愛いです。癒し担当。

両手で顔を隠すようにして泣きそうな立ち絵はもう抱きしめてあげたいくらいです。

 

梓より1つ年上ですがさん付けで呼ぶのも良いし、いつでも味方でいてくれるのが嬉しい。

また梓とコハクは癖っ毛、ウェーブヘアなので2人ともふわふわで可愛らしいのでセットで癒されます。

 

お話も生い立ちも結構暗い物ではあるのですが、コハクは本当に良い子で周りを思いやれる人だということもあって、重くなりすぎなかったのも彼の持っているものからだと思います。

 

そんなコハクも邪神との対決では男らしいところを見せてくれたり、最後も記憶を失ってしまった梓との関係は切ないけれどずっと待っていてくれた健気さとかにプレイヤー側は心打たれちゃいます。

正直梓も覚えてないし、現代に来てどう生きてきたんだとか無粋なことを考えてしまいますが、そんなことは2人が再会できたという事の前ではどうでも良いよね!と投げ捨てておきました。

 

 

片霧秋兵 cv.岡本信彦

対怨霊討伐組織、精鋭分隊の副隊長。26歳。
また、帝国軍の最高権力者・参謀総長の息子でもある。
大人の所作を身につけた穏やかな好青年で、主人公を気にかけてくれる。
亡き母親が華族の生まれでもあったことから、多彩な趣味を持つ。

公式サイトより引用

 

 

ネタバレ有 感想

秋兵も有馬に引き続き個人的にはロンド派です。けれど本編のストーリーあっての良さもあるので続けてやってこそなお話かなと。

 

見た目は本当にイケメン軍人さんですが茶目っ気ある対応もしてくれたりとなかなか楽しいお方でした。

そんな彼は家族についてがテーマのお話。コハクもですが。

 

最高権力者の父がいることから側から見れば恵まれているようにも見えます。実際お金も地位も容姿もと色々と持っていますし。

 

けれどそんな彼も母を亡くしている事、厳格で立場を持っている父親からのプレッシャーなど息苦しい生い立ちでもあります。

けれどそれを感じさせない振る舞いができる人なのがすごいなぁ…と。

もちろん本人も周りからそう思われていることも自覚しているし、多分受け入れた上で生きてもいける人だとは思うんですよね〜

 

けれどやっぱりそれに寄り添ってもらえる梓が現れてくれて良かったね!と2人の今後を祝福せずにはいられないルートでした。2人で幸せな家庭を築いてくれ〜

 

 

ルードハーネ cv.立花慎之介

ダリウスより、主人公の世話役を命じられている少年。
15歳。愛称は「ルード」。年の割には落ち着いており、大人びている。
真面目な完璧主義者であり、ダリウス邸の家事及び財政管理は彼の手腕に任されている。

公式サイトより引用

 

 

ネタバレ有 感想

作中一番成長していたんじゃないかなと思います。まぁ最年少ですしね。

 

ルード君は良いツンデレでした。照れ顔も可愛くって、多分一番ニヤニヤしていたルートです。

 

序盤からできる子感半端ないんですが(料理、裁縫に始まり女装やダリウスのサポート役、結界術など)途中ダリウスのためだったり立場故に努力をして身につけたものだというのが分かり、彼のひたむきさが現れていて良かった〜。

梓に対しても身だしなみができていなかったりすると窘められますが、できないこと、苦手な事を責めたりはしないのはそこからきているんだろうなぁ…と。

梓はできなくてもひたむきに頑張る子なのでルード君が梓に惹かれるのもすごく分かります。

 

ダリウスのおかげで重責から解かれた経緯もありますが、彼のルートではまた新たな道を見つけて自立していくっていうのが成長を感じられました。

 

 

 

本条政虎 cv.竹本英史

ダリウスの雇われ人。愛称は「虎」。29歳。
人並み外れた強靭な肉体を誇り、危険な任務も厭わない。
豪快で傲慢、非常識な言動が多く、邸に同居する主人公を翻弄する。

公式サイトより引用

 

 

ネタバレ有 感想

オラオラ系でお色気?エロ?担当っていうのが遙かにしては珍しかったですね〜

「俺の女になれよ」っていうレディコミかな?みたいなセリフもありましたが、これはネオロマ。大丈夫でした。

終盤にはそのやり取りが本気心も入り混じった可愛いくも切ないやり取りに。

 

本気で金をせびってくるところも笑いましたが、なんだかんだ底の部分は優しいし、純粋なんですよね。

お父さんのこともずっと知りたくてお金を貯めていたりとか。

考えの芯がしっかりあるので行動の1つ1つにこっちも悩まないというか考えが分かりやすくて良かった。

 

最後に父の死の原因となった人とのやり取りできちんとかたを着けて現代に渡ったのでスッキリできました。

 

恋愛面もお互いに振り回されている感じがすごく可愛いかったです。

 

 

萩尾九段 cv.四反田マイケル

星の一族の青年。19歳。
帝国軍の相談役。龍神の神子の召喚儀式を行った。
神子を守る使命を何より大事にする、心優しい人物。
長年、書物と向き合って暮らしていたためか世の常識とずれた、古風で天然な言い回しが多い。

公式サイトより引用

 

 

ネタバレ有 感想

九段は軍の癒し担当。かと思いきや星の一族としてかなり有能な人でした。

ちょっと抜けてるところやズレているところもありますがそこも魅力。後長身なのも。

 

九段のこれは恋かもしれない…と1人きゃっきゃしている様や、夜会ドレスを褒めるのに言葉では伝え切れないからと折り紙の花束を差し出して来るところがめっちゃ可愛かったです。

どこかクールな梓とズレている感じのやりとりとかも良くって…と思ったらビンタかまされてたりもするんですが。

 

なんだろう…やり取りの可愛さは覚えているのですがお話について全く言及しない感想になってしまいましたが記憶にないので許してください!

 

星の一族+神子2人の絆感があったのも良かったですね〜

千代ちゃんが九段との恋に乗り気で、最後にまた3人で再会して穏やかに過ごして欲しい。そしてできれば千代が元気な間に孫を見せてあげて欲しい…

 

 

里谷村雨 cv.安元洋貴

カフェー「ハイカラヤ」に間借りしている小説家。35歳。
気だるげな雰囲気をまとい、独自の観点で世を眺める男性。
帝国軍と鬼の一族、どちらにも属さず、中立の立場をとっている。
裏稼業で情報屋をしており、客を選ばない。

公式サイトより引用

 

 

ネタバレ有 感想

まさかの現代枠!

前作だと2人くらい巻き込まれ召喚されているのですが本作は黒龍の神子だから八葉もいないしそういうものなのかなと思っていました。

後から見ると確かにちょこちょこ引っかかる場面も入れているんですよね。

そんな彼だから中立の立場になるのも市民側として立ち上がるのもなるほど〜と思いました。

 

大人な男性で梓とは19才差!安元さんの声が非常に良くて、優しくもでもどこかいけない感じが漂う雰囲気になっていてこっちもなんかドキドキしていました。

 

大体こういう何人も攻略キャラクターがいてその中で歳の差のあるものだと年上ほど拗らせがちなパターンが多い気がするのですが村雨さんは抱えているものはあれど年齢的なものだったり年月によって抱えたもの故の臆病さくらいで普通に良い大人でした。

普通異世界に巻き込まれで飛ばされたら攻めたくもなるかもしれないですが、むしろ梓がそれを気に病まないようにと気を回してくれたりする優しさや、普通の女の子として扱ってくれて…むしろ気の毒くらいに思っていましたし。

 

村雨ルートの梓は本当に可愛いので村雨さんはよく正気を保っていられますね。と感心してしまいました。

 

駒野千代 cv.高橋美佳子

京都商家のひとり娘だったが、白龍の神子に選ばれ、
帝国軍に身を寄せることになる。前向きで、気丈な少女。17歳。
星の一族である萩尾九段とは、仲のよい幼馴染である。

公式サイトより引用

 

 

ネタバレ有 感想

千代との友情のお話もとても良かった。

そしてその後おばあちゃんのだったことが分かり、そういうパターンできたか!ありがとう!となりました。

 

八葉がいないことや、途中寝たきりになってしまったりなど色々と大変だった彼女ですが最終的には梓のいた現代に渡り進さんと結ばれて後々孫の梓が生まれる。全て繋がっていてドラマ的で2人の強い絆を感じられる良い神子関係でした。

 

コミックス版で進さんの顔が出ていましたが、梓の癖っ毛は祖父譲りなんでしょうね〜それも合って孫が可愛かっただろうな〜と。

 

気になったのは現代ではおばあちゃんの名前千代のままなのでしょうか?

まぁ少なくはない名前なので梓も気にならなかったのかもと思っておきます。

 

 

 

 

総評・評価

 

システム 

遙かシリーズやったことがあれば馴染みあるものなので特に不満もなかったです。

八葉と神子という関係じゃない為円陣システムがなかったり、同行者が選択肢きなのがちょっと面倒でした。

 

イラスト

スチルの原画は全て水野十子先生が描かれているので立ち絵との違和感・絵によって違いが…なんてこともなかったです。美麗。

 

キャラクター 

鬼サイドと軍サイドで分かれていて楽しめました。

八葉という役目がないことで各々自分の置かれている立場や主張を貫いているのが良かったです。

8人もいますが、どのキャラも個性や魅力があります。

 

シナリオ 

1周目が特別楽しかった!

全ルート流れは同じような感じにはなるのですが、どのルートも最後まで楽しめました。

 

音楽 

大正時代感ある音楽がとても良かった。

特に「黒蝶」が好きで、盛り上がりのシーンでかかると燃える。

 

 

糖度 

概ね甘めかなと思います。ネオロマですし。

ただネオロマなのでキスや、それ以上のシーンなどは少なめなのでもう少しイチャイチャして欲しいと思う方には物足りない部分もあるかもしれません。

 

 

 

製品情報

 

遙かなる時空の中で6DX(Switch版)

 

 

作品名 遙かなる時空の中で6 DX
対応機種 Nintendo Switch™

 

詳しくは公式サイトへ

 

 

 

遙かなる時空の中で6(PSP・VITA版)

 

 

 

作品名 遙かなる時空の中で6
対応機種 PlayStation®Vita / PlayStation®Portable

 

詳しくは公式サイトへ

 

遙かなる時空の中で6 幻燈ロンド(VITA版)

 

 

作品名 遙かなる時空の中で6 幻燈ロンド
対応機種 PlayStation®Vita

詳しくは公式サイトへ

 

 

 

PSP/VITA版・Switch版どっちでプレイしたらいい?

 

今からプレイするならSwitch版。

 

理由は

続編の幻燈ロンドが同梱されているので1本でたくさん楽しめる

画質・音質も最新機器の方が上がっている

画面も大きい

追加要素もある

 

 

もちろん本編の内容は同じものになるので、VITA版でも十分楽しめます。(私もVita版のみのプレイです)

ただ追加要素など特典要素も大きいので今から始めるのであればSwitch版をお勧めします。

 

 

 

 

まとめ・感想

 

 

私も7をプレイして遙か熱覚めやらず6を再プレイしていてその良さを再確認しています。

 

遙かは8人も攻略対象いるけれどもそれぞれ違った恋愛のアプローチと、設定・立場も生かしたストーリー展開があるのでお話は一本道だけどその違いが楽しめるのがいいところですよね。

 

興味がありましたら是非プレイしてみてください〜

そしてプレイ後コミカライズ版を読むべし!(全7巻)

 

 

ABOUT ME
なとり
少女漫画、乙女ゲーム、女性向けライトノベルなど恋愛ものが主食ですが、百合、BLもつまみ食いしてます。 漫画、乙女ゲーム、ライトノベルの紹介・感想などを配信する趣味の雑記ブログです。 楽しんでいただけると嬉しいです。

COMMENT