乙女ゲーム

夏空のモノローグ *乙女ゲーム紹介【感想ネタバレON・OFF有】

なとり
なとり
こんにちは、なとりです

 

今回紹介するゲームは泣ける乙女ゲームとして評価の高い青春作品。

 

 

『夏空のモノローグ』

 

永遠に繰り返す7月29日を科学部メンバー達と乗り越え明日へ向かう勇気をもらえる作品。

切なくも希望をもらえるお話でじんわり泣けてくる作品です。

 

 

 

こんな人におすすめ

VitaやSwitchを持っていないけど乙女ゲームやりたい!

夏・青春ものが好き

シナリオ重視の作品がいい

ループもの気になる

泣けるゲームをプレイしたい

 

どれか当てはまるものがありましたら是非以下紹介記事を読んで興味を持ってもらえると嬉しいです。

 

 

ではあらすじ、登場人物、魅力などを紹介していきます!

 

 

当ブログに記載されている内容は、当サイトの管理人の個人的な見解によるものです。

漫画、書籍、ゲーム作品等作者様の思想等とは一切関係がございませんので、ご了承ください。

また当サイトで掲載・引用している画像は、利用者様に作品のイメージをより分かりやすく伝えるために引用させて頂いております。

著作権を侵害することを目的としていませんが、万が一問題がある場合はお手数ですが、免責事項メールアドレスよりお問い合わせをお願いいたします。

 

あらすじ

 

 

舞台は海にほど近い田舎町、土岐島市。
主人公・小川葵はいつもと同じように過ごしていた。

平凡な風景の中にそびえ立つ、超高層建築物『ツリー』。

30年前に突如現れ、にわかに全国を騒がせたそれも、
今やただ寂れた観光資源に過ぎない。

そんな中、葵の所属していた科学部は廃部が決定。
面々は連れ立って廃部前日である、7月29日。
『ツリー』観測へと赴く。

その日、その時、その瞬間――。

『ツリー』は歌いだし、
――7月29日は、ループを始めた。

 

出典:公式サイトより

 

 

 

PSP版プロモーションビデオ

 

 

『夏空のモノローグ』ゲームシステム・魅力

 

ゲームシステム

  (以下 画像引用:公式ホームページより)

乙女ゲームではありますが、ゲームシステムとしてはノベルゲームに近いものだと思います。

絵をバックに文字が表示される形。

また上記画像のようにカットの一枚絵や、人物カットなどが入ってきたりもします。

会話だけでなく状況説明・モノローグなどが多いのも文章を楽しめて良いです。

 

 

 

お話の間にLRCシステムが入ってきます。

イベントカードを選ぶことで様々なイベントを楽しめます。

イベント内容はループ研究だったり、科学部での日常だったり様々です。

数も多いので周回しながら楽しめます。

 

 

 

(画像引用:公式ホームページより)

 

各シナリオをクリアすると解放される特典シナリオです。

本編だけでなくこちらも必見のシナリオになるので是非読んでみてください。特に綿森くん好きは読みましょう!

 

 

ツリーピースを読むタイミング

攻略ごとに読むべきか、全ルートクリアしてから読むべきかはプレイヤー次第ですが、私はクリア後でいいかなと思います。

 

なぜなら内容的には本編のお話の過去のことになるので

途中だと理解しづらい内容もあること。

真相を含むストーリーも含まれていること。 などが理由です。

 

ただ読むことで見えるものや理解できる面もあるので本編と合わせて理解度を上げたいのであれば同時に読み進めるのもいいと思います。

 

 

 

夏空のモノローグの魅力

 

周回中の楽しみ・ギミックが多い

周回を重ねるごとに会話の追加・変化があったり、タイトル画面にも仕掛けがあります。

 

 

お話のまとめ方が秀逸

SF要素のある作品ですがどのルートもまとめ方、終わらせ方は逃げのない現実的な視点なのが良い。

 

 

キャラクターの心理描写が深い

登場人物の心理描写が深いところまで丁寧に描かれていることで理解・共感もしやすいです。

また他のルートから見えてくる人物像や内面なども楽しめる作品です。

 

 

 

気になるところ

 

 

最初科学部のノリについていけないかもしれない

部長の発言や科学部のノリやテンポに最初は戸惑うかもしれません。

次第に恋しくなってくるので最初は見守ってください。

 

 

周回・LRCシステムが面倒

ループものということもあり周回必須のゲームです。

周回するごとに変化もあるのでそこも比べつつプレイしましょう。

LRCも楽しいけれど本編が早く見たい場合はちょっと面倒に思うかもしれません。

 

 

 

 

登場人物・感想・オススメ攻略順

 

感想はネタバレ ON/OFFつけています。

未プレイの方はネタバレは見ずにプレイすることをおすすめします!

 

 

小川 葵  ※名前変更可能

16歳 高校2年生
本作の主人公。一年前に起きた原因不明の記憶喪失以来、他人との交流を怖れて孤立。
だが、とあるきっかけで入部した科学部に居心地のよさを覚え、以来そこを心の拠り所としている。

公式サイトより引用

 

 

1年前、記憶喪失になったこともあり学校でも家でも上手く馴染めず、変わり者が多い科学部だけが拠り所といった感じなのでネガティブなところがありますが状況がそうさせてしまったところもあるので仕方ないかなと思います。

心が弱くなっても。それでも頑張って前を向くひたむきさが魅力です。

 

攻略対象だけでなく彼女自身も大きく成長していくお話になっています。

 

 

 

木野瀬 一輝 cv.阿部 敦

16歳 高校2年生
持ち前のしかめ面に無愛想な点が、周囲に『怖い人』という誤解を生んでいるが、本当は気遣いのできる優しい性根。
主人公と同じく科学部に所属し、副部長。

公式サイトより引用

 

ネタバレ有 感想

目つきも悪く、無愛想にも見える彼ですがすごく優しい人。幸せになってほしい。

 

実は記憶喪失前の主人公と両思いであとはもう告白するだけ状態だったというのが切ない。

近くにいる分どうしたって気持ちを捨てられないし、自分だけそこに取り残された状態な訳ですからね。

 

けれど彼は他ルートで誰かといい感じになっても主人公を後押ししてくれるので本当に優しい人だなと思います。

攻略順で言うと最後の方にプレイしたので彼の気持ちの深さをわかっていなかった私は「葵ちゃんの事好きなんだろうにできた人だ」とくらいに思っていました。

彼の事を分かった上で他のルートやるとすごく辛いだろうなと思います。

 

その過去の出来事を知ってしまった主人公との気持ちのすれ違いとか、

今の葵として木野瀬君を好きになったからと告白するものの木野瀬自身は過去の葵に囚われていることから断られてしまったりだとかがすごく見ていて切ない。

 

記憶喪失系のお話として、前と後の人格(って言えばいいのかな?)から逃げず向き合っていて、そこから未来へ向かっていくお話に繋がるのが良かったです。

 

 

加賀 陽 cv.高橋 直純

15歳 高校1年生
主人公に日常的に告白している、科学部のムードメーカー。
入部理由も主人公がいるから、という単純明快なもの。

公式サイトより引用

 

ネタバレ有 感想

カガハルくんの明るさは主人公にとってもすごく助けになっていると思います。

主人公にいつも軽く告白してきたりとバカっぽく振る舞って思いますがその実周りに目を向けられる人でしたね。周りの心の機微にも割と気づいていたりとか。

 

主人公がカガハルの事を好きになり、いつも告白してくるからまあ成功するだろうと思って告白したら真剣に取り合ってもらえなかったり、その裏にカガハルは留学して離れていくことがあったりと青春ストーリーとしてはベタだけどループのこととかと折り重なって更にドラマが増していました。

 

また記憶喪失前の主人公との出来事がきっかけで夢を諦めない決心がついたくだりもありますが過去の自分を知らない主人公からしたらそれを持ち出されても自分のことと受け取れない。

でもカガハルくんは過去も今の先輩も同じだと全部受け入れ、何も違わないと心から思っている。

 

お互いに未来に向かって歩き出せるきっかけとなっている2人が眩しい。

 

いつも主人公が前を向けるようにと明るくあれるようにと笑っていてくれる彼はとても素敵でした。

 

 

 

沢野井 宗介 cv.高橋 伸也

17歳 高校3年生
科学部部長の座に君臨する、天才。
圧倒的な行動力、センスを兼ね備え、ビジュアルも完璧。黙ってさえいれば欠点がない。だけど、黙ってられない困った人である。

公式サイトより引用

 

ネタバレ有 感想

テンション高く、ぶっとんでますが本当に天才。

凄すぎてこの作品において彼は非常にファンタジーな存在。でもこの現象を一番冷静に見ている人でもあります。

 

部長ルートでは彼の父親についてが中心のお話。

まさかタイムマシン作って過去に行き父親を救おうとするお話になるとは思っていなかった。

実際に助けられる状態までいくものの未来を変えると科学部の存在がなくなってしまう。父親と科学部を天秤にかけて部長が選んだ未来は科学部との今

これまで父親を救うためたくさんの時間と労力を費やしてきただろうに今を捨てられない彼にすごく人間味を感じました。

 

このルートでは科学部の強い絆も感じられてよかったですね〜

「もしかするとお別れ会」のネーミングセンスがすごく好きです。

 

 

 

篠原 涼太 cv.代永 翼

15歳 高校1年生
普段、読書ばかりでたまに口を開くと皮肉が飛び出す、下級生。
自分から誰かに近寄ろうとはしないが、極端にふれあいを拒むわけでもない。
部長曰く、『シャイなのさ』とのこと。

公式サイトより引用

 

ネタバレ有 感想

一番辛いルートでした。重いし切ないしどうしようもないし…

 

彼は記憶障害で記憶を留めておけず徐々に思い出を忘れてしまう。

そのことで昔の友人との間に辛い出来事があったことから、仲のいい人、大事な人を作ると相手に辛い思いをさせてしまうので人と距離をとっていたり、本来であれば今日あった出来事をメモにとっているけれどループ中はそれも全てリセットされてしまうので本人も気づきようがなく忘れていない・記憶障害の症状はよくなってきていると思っているのももう切なくて…

 

 

記憶障害の事を知り2人は忘れられない思い出作りを始め、途中お付き合いをすることになりますが彼はその事を忘れてしまう。病気のことはどうしようもないのでただただ辛かった。

 

主人公は自分が篠原君の代わりに覚えておく、篠原君と一緒にいることは不幸せなことではないと告げ、最後に記憶は完全に忘れてしまうわけではなく、思い出せることもあると分かり小さな希望を見出して終わります。

 

彼の背負っているものはとても辛く大きいものでそれに寄り添うためには同じかそれよりもっと大きいものを背負っていかなければいけない。2人とも最初に比べてすごく強くなったなと思うお話でした。

 

 

 

浅浪 皓 cv.井上 和彦

28歳 化学講師 科学部顧問。
顧問の肩書を持ってはいるが、部室ではプラモデル制作に勤しむ自由人。基本的に大きな問題とならなければ、細かい口出しはしない放任主義。
年の離れた弟がいる。

公式サイトより引用

 

ネタバレ有 感想

28歳だったんですね…当時プレイしていた時は何も思わなかったのですが今考えると年齢の割に老けたビジュアルだなと思いますが、苦労してきたことが容姿に出てきているのかもしれません。

 

彼は両親が他界していて歳の離れた弟の翔君の医療費を稼ぐためにひとり頑張っています。

科学部がなくなるのも先生が臨時ではなく正規の教師で雇ってくれる学校へ行くことになり顧問がいなくなるからという理由です。

 

 

翔君はこのままだと長くは生きられないようで、彼は両親他界してしまって家族は弟だけという状況を考えると1人取り残されてしまう未来に怯えていたんでしょうね…

先生はこのループ現象が続けば良いと思っている派なのもループが続けば弟は死ぬこともなく生きていられるから。ここはもうループ現象にすがってしまうのも頷ける。

 

途中部長に協力してもらって弟もループ中記憶を保てるようにしたり、通常であれば体に負担がかかるので外出も歓迎できないところをループを利用して好きな事をして思い出作りをすることになります。

楽しいけど最後の思い出作り感もあって裏にある切なさも感じました。

 

最後は翔君と先生と家族として迎えてもらえます。いつか翔君が亡くなってしまう未来がきても先生は1人ではないことが希望として残ったのが良かったです。

 

 

 

綿森 楓 cv.岡本 信彦

???歳
神出鬼没の少年。
主人公を知っているような口ぶりだが、多くを語らず謎めいた言葉だけを与えてはいつの間にかいなくなってしまう。

公式サイトより引用

 

ネタバレ有 感想

綿森ルートではあるもののまぁ、真相ルートですね。ループの謎・主人公の謎などが明かされていきます。

 

何より彼はメンタルがすごい。1000年近くループしているのに狂わずにいられるのがすごい。

 

 

またループの謎でびっくりしたのがループは7月29日限定ではなく1年ループの中で更に7月29日のループが起こっていたこと。最初理解が追いつきませんでした。

 

ループの謎については説明すると長くなるので割愛しますが、原因は綿森さんと主人公にあります。

 

1000年ループを繰り返す中で主人公の行動・心境の変化が見られたことからループを終わらせるため真実を告げ、主人公が心から明日を願う事でループが終わることから、明日への希望を掴むための行動を始めます。

 

思い出の地を回ったり、主人公の母親との問題を解決したり…今までのルート総集編と総仕上げって感じです。

最後の方は綿森さんも科学部みんなと過ごしたりもしてずっと孤独に観測者として見守ってきた彼が楽しそうにしていてこっちも嬉しかったですね〜

 

 

ループが終われば綿森さんは消えてしまうかもしれない、それでも明日へ進み、ループを終え1年前からのやり直しが始まります。

 

皆ループの記憶はないけれど科学部も、綿森さんも一緒に天体観測へ行ける日が迎えられたことが綿森君のことだけでなく全ての集大成として感慨深くあたたかくも切なくもあり強さをもらえました。

 

 

 

おすすめ攻略順

 

綿森は攻略制限があるので必然的に最後になります。

他の5人は制限はありませんが、木野瀬君は終盤が良いかなと思います。

 

私のおすすめは

 

  1. 加賀 陽
  2. 浅浪 皓
  3. 沢野井 宗介
  4. 篠原 涼太
  5. 木野瀬 一輝
  6. 綿森 楓(攻略制限有)

 

 

最初は加賀、浅浪ではじめて中盤沢野井やって、篠原、木野瀬が良いかなと思います。

私もこの順番でプレイしました。

 

 

ただ木野瀬君が気になる方は序盤でプレイすればその後のお話で彼の行動に見えるものがあったりしますし、

ツリーの謎を残しておきたい方とかは沢野井先輩を終盤に持ってくるのも有りです!

 

あまり順番は気にせず気になる方からで大丈夫です。

 

 

 

 

総評・評価

 

システム 

PSP版を結構前にプレイしたのであまり覚えていませんが、特に不便もなかったと思います。

アプリ版は操作が違うので慣れるまではやりづらいかもしれません。

 

イラスト 

正直地味な方だと思います。でも夏空はこれでいいのです。

柔らかい色使いと、派手ではないけれど温かみのある絵。

文章の間に入ってくるカット絵なども楽しめます。背景の色使いもきれい。

 

キャラクター 

クセのあるキャラクターもいますがあくまで青春作品。

最近の作品と比べると薄味に感じるかも知れませんが、その分人間味や深みを感じられます。

 

シナリオ 

難しい心情の描写も丁寧に書かれています。

物語ももちろん良かったのですが、キャラクターたちの会話や相手にかける言葉のやり取りや行動にグッとくるものがあります。

 

糖度 

糖度は低めかなと思います。恋愛よりは内面や問題と向き合っていくのがメインなので。

恋愛の要素を含んだ青春物語という感じで思春期の思考がリアルに描かれているのがとても良い。ぐるぐる思い悩んでしまうところとか。

 

 

製品情報

 

作品名 夏空のモノローグ
ジャンル 夏色タイムループAVG
原画 ろく丸
シナリオ 西村悠
ディレクター ージョー

 

 

PSP版

詳しくは公式サイトへ

 

アプリ版 (ios/android)

夏空のモノローグ

夏空のモノローグ

IDEA FACTORY CO., LTD.無料posted withアプリーチ

 

対応OS iOS 7.0以上/Android OS 4.1以上
※日本国内で販売されている端末のみ
配信日 2017年5月30日
価格 2820円 ※ダウンロード/一部シナリオ無料

※本編シナリオの全てのキャラクタールートがセットになったお得なバージョンです。

※各マーケット/ストアの価格ルールの変更に伴い、価格は変更になることがございます。

 

詳しくは公式サイトへ

 

 

 

PSP版・アプリ版どっちでプレイしたらいい?

(PS2版もありますが、追加要素がないのでできればPSP・アプリ版をおすすめします。)

 

今からプレイするなら断然アプリ版

 

理由はPSP版よりも

画質・音質が良い

ソフトのディスク音を気にしなくていい  から。

 

スマホでどこでもプレイできるのも良いですね。

 

なとり
なとり
PSPを持っていて価格を抑えたいのであれば中古を買うのも有りだと思います

 

 

 

まとめ

 

好きな乙女ゲーム作品でもありますが、そういうくくりではなく人生の支えになる作品カテゴリー。

だからなのか前回プレイしておそらく5年以上は経っているはずなのですが、内容も結構覚えいたのかなと思いました。

 

 

 

今年は10周年という記念すべき年なので私も再プレイしようかなと思っています。

 

 

当時はあまり気にしていなかった先生が今やるとめちゃくちゃ刺さりそうな予感がします…

このゲームは青春終えた大人にこそ刺さる作品なので、興味がある方は是非夏の間にプレイしてみてください。

 

泣ける乙女ゲームとしても紹介しましたが、そこはあまり意識はしないでプレイして欲しいかなと思います。

 

 

 

 

 

ABOUT ME
なとり
少女漫画、乙女ゲーム、女性向けライトノベルなど恋愛ものが主食ですが、百合、BLもつまみ食いしてます。 漫画、乙女ゲーム、ライトノベルの紹介・感想などを配信する趣味の雑記ブログです。 楽しんでいただけると嬉しいです。

COMMENT