乙女ゲーム

遙かなる時空の中で7 朱雀組【ネタバレ有感想】

こんにちは、なとり です。

 

 

『遙かなる時空の中で7』

 

今回は朱雀組の感想です。

 

ネタバレしかしていないので未プレイの方はお気をつけください。

 

 

朱雀は天地のペア感が良かったですね。

現代組と、戦国組で生まれもタイプも違うけれどなんだかんだ仲良く微笑ましい2人でした。

 

 

 

↓共通パートの感想・ゲームの紹介記事はこちら↓

【紹介】遙なる時空の中で7【共通パート感想】 2020年6月18日にNintendo Switchソフトとしてついに発売となりました 『遙なる時空の中で...

 

 

当ブログに記載されている内容は、当サイトの管理人の個人的な見解によるものです。

漫画、書籍、ゲーム作品等作者様の思想等とは一切関係がございませんので、ご了承ください。

また当サイトで掲載・引用している画像は、利用者様に作品のイメージをより分かりやすく伝えるために引用させて頂いております。

著作権を侵害することを目的としていませんが、万が一問題がある場合はお手数ですが、免責事項メールアドレスよりお問い合わせをお願いいたします。

 

 

 

宮本 武蔵(CV. 阿部 敦)

 

 

3人目は武蔵にしました。

兼続さんルートが重めだったので癒されたかった…

 

武蔵くんは期待どうり、癒しというか元気がもらえる子でした。

大和もですが、1人の男性へと成長していく男の子のお話って感じ。

 

とにかく純粋で、健全。

 

純粋、健全、あと可愛い。もうこれに尽きます。

 

人の良いところやすごいと思ったことを素直に認められるのもいいなぁと思います。

嫉妬も全くしないことはないでしょうが、殆どしなさそう。

「すごいなぁ!俺もああなれるよう頑張ります!」とか思って常に前向きなイメージ。

 

勝てなくても前を向ける精神性。

師匠の正体知ってもなおすぐ前を向ける、捻くれない健全さと精神力。

 

どのルートでも結構側に居てくれることが多かったり、久しぶりの再開に喜んでくれたりただただ癒しでした。

けど自ルートではすっごく安心感もあってなかなか大物な子でした。

 

 

成長する武蔵

 

現世では有名な宮本武蔵という剣豪なわけですが、二刀流でもなく試合にも勝てずなまだまだ発展途中な子だったのが新しかったですね〜

 

富士で龍脈を正したあと武者修行の旅に出ることを決心する武蔵。

ルート前のイベントでせっかく師匠となる人を見つけたのにあちこち移動したり、共通パート後神子についてきてくれる事も多いので夢があるのに色々付き合わせてごめんよと思っていたのでようやく修行に向かわせてあげられる。良かったねという気持ちでした。

 

再開した時の滝行スチルでは確かにたくましくなった感はありますが、立ち絵とかだとそこまで変わってはいない印象。

でも皆気づかなくてちょっとかわいそうでした。が、長政様はすぐ気づいていたのがさすがです。

まあ見た目は多少変わったけど本質は変わってないのでそこを見れば分かるのでしょうね。

 

 

まるで少年漫画を見ているよう

 

結構熱いシーンが多かったです。

「姫様は俺が守る」の言葉に二刀を持ち立ち上がる覚醒イベントでは

覚悟が完全に定まる感じも含め熱い少年漫画の様な展開にこっちも燃えましたね〜

まさにこれが見たかった!というシーンでした。

 

また、最終決戦で足利義輝の元へ行く途中立ち塞がる怨霊をくい止めるため八葉の皆が

「ここは俺たちに任せて先に行け!」

と武蔵たちを送ってくれるのも熱かった!それが天地の四神ペアなのも良かったです!

 

 

日の本一の剣士になるため旅立つ

 

全てが解決し、日の本一の剣士となるため旅立つ武蔵。

 

ここでまさかの引き止めてくれない武蔵!

現世に帰ったらもう2度と会えないと分かり悩むも

 

「剣豪になる夢を捨てることができない自分に姫様にだけ何もかも捨ててついてきてくれとは言えない」

「俺は姫様の笑顔を守ると誓いました。あなたの笑顔を、俺の願いでなくしたくありません。だから、お別れです」

 

 

と言って潔く別れを告げて去っていきます。

潔い健全さがここにきて恋路を阻んでくるとは思っていなかったのでびっくりしました。そこまで純粋だとは…

 

 

それを見ていた五月が

 

「武蔵は相手の幸せを願う恋を選んだ。どこまでも純粋な武蔵だから恋は綺麗なものだと思っているんだろうね」

「好きな人と離ればなれになる本当のつらさも実感できていない」

 

 

と言うシーンで五月の気持ちも考えてしまったのですが武蔵と一緒にいたいと告げると

 

「お前が笑顔でいられるのなら俺はいいと思うよ」

 

 

と言って送り出してくれます。

五月ルートをやった後だと結構ジーンとくるというか本当に七緒が七緒であることを望んでくれているのだなぁとこの感想を書きながら思ったりしました。

 

と、まぁ五月のことはまた別で感想を書くのでこの辺にしておきます。すみません。

 

 

武蔵を追いかけ、現世も織田の姫であることも捨てて一緒に生きていくことを選び2人でこの先も生きていく様が尊い。

そうやってずっと支え合って互いを強くしていける関係がとても良かったです。

 

 

武蔵 まとめ

 

最後のスチルがすっごく好きです。

青空バックに神子を抱きかかえている感じがもう心現れて2人とも良かったね!と拍手したくなります。

 

今後2人で旅をしていくのでしょうが女連れの旅路っていうのも周りにやっかまれそうですが、結局純粋な2人に当てられて参る絵が浮かびます(笑)

立場も居場所も捨てたとはいえ大和も残っているし、あやめちゃんとつばきさんに秀信、長政さんなど困ったら手を差し伸べてくれる人はたくさんいると思うので大変でしょうが心配はあまりしてません。

末長くお幸せに!

 

 

 

佐々木 大和(CV.岡本 信彦)

 

 

4人目は武蔵。

もうここまできたら天地セットでやっていこうと決意。

 

大和は共通パートでは正直そこまで惹かれていなかったのですが、個別パート(大和ルート以外も含める)入ってからガンガン良さが分かってきました。

 

プレイヤーの代弁者って感じに実にいいツッコミを入れてくれました。というか今回八葉ボケばっかですよね。

 

 

現代組の幼なじみ

 

まずはもう現代組3人が可愛いですよね〜

大和にとっては五月も七緒も大事で、とても感謝しているんだろうなと思います。

居場所のなかった大和に初めてできた場所であり心許せる関係なわけですから。

 

 

七緒との関係でいうと個別ルートに入る前のイベントで

「俺、ひとりぼっちにはならねえ気がする。

どうせ、お前が今日みたく追いかけてきてくれるだろ?」

 

 

といっていて、そこに大和ルートの良さがすごく凝縮されていると思っています。

この言葉が後々の妖刀によって距離を取るお話へと繋がってくるのも見事でした。

 

エンディング後、七緒を残して剣修行に出ていけるのも

そこにお互いの信頼があって、幼なじみだった頃からも繋がっている帰る場所感がすごく良かったです。

 

 

父親との確執

 

ここに関しては意見分かれると思うので最初にはっきり言っておきます。

私は「親父許さない派」です。

 

一応まとまった感じにな離ましたがまとまったが故にこの後父親は再婚して新しい妻子と幸せにスッキリ生きていくのかと思うともやもやします。

 

いじめた側だった人が同窓会でそのことを謝りに来て自分だけスッキリしてその後の人生憂いなく生きていくみたいな感じ。

 

 

大和に後悔なくなったのは良かったのですがもっと向こうには後悔とか懺悔とかして欲しかったなぁ。と。

 

話さなかった大和にも反省点はありますが大和はまだ未成年。

且つその状況を作ったのは親であるわけだし。親子で意見や相性が合わないことはもちろんあります。が、放置するのは頂けない。大和は十分頑張ってたと思います。

 

 

また親子関係について大事に育てられてきた神子にはそこまで酷い状況だったことには想像もつかず、大和も話せずっていうところはリアルだなと。

幼なじみとはいえ言えないことや距離はあるのだというのがここに出ていていました。実際友人にそういうことなかなか言えないですよね。

けれど大和は優しいので神子の「家に顔だしてきなよ」という善意は断れず、自分自身も多少は希望を持っていたりもしたのかもと思うと辛かったです。

 

 

けれど遙か6の秋兵も親子問題を抱えていたりとそういった設定に挑戦し続けていくネオロマの姿勢は良いと思います。(上から目線ですみません)

秋兵は赦し、向き合っていく事を選びましたが(立場もあるしね)、現代の親子関係においては理解しあえないことを認めて距離を取ることも一つの解決であることが現れていました。

そういった問題は各々の解決や向き合い方があるので私は許せないけど、許せる人も、受け入れられる人もいる。それぞれでいいと思います。

 

 

心の闇と妖刀

 

前記のことから大和繊細な部分が壊され心の闇に囚われ刀を取り上げられたこと。

自分がいなくても他の八葉がいるからどうにかなってしまう状況。

剣と居場所という寄る辺をなくした大和に追い討ちをかけたのが妖刀。

 

絶体絶命のピンチに手にした妖刀によって仲間と距離を取らざるを得ないって状況がもう可哀想すぎて…

大和メンタルはもうボロボロなのに。

八葉達は大和が悪いとは全く思っていないのだけが救いでした。(大和は分かってないけど)

 

しかしメンタルもですが、戦国時代に1人行動しないといけないって大変ですよね…寝床とか食料とか。

 

その後こっそり見守ってピンチになったら助けてくれたりする優しさに五月も気付いてるところが幼なじみ感もあって良かった。

妖刀の呪いを解いて仲間達に温かく迎えてもらった時はこっちもようやく一安心できました。

 

 

「剣の道」へ進む

 

佐々木 小次郎になる展開は読めてなかったです。

今思えばそうだよね〜って分かるのですが。

「佐々木」と呼ぶのは長政と宗矩の2人だと思うのですがあまり呼び掛けたりもしないので正直あまり目に入っていなかった…

 

 

大和はほとんどのルートで戦国に残っている(確認できていないルートもありますが)様なので神子と恋仲になれない世界戦でも

やりたいこと、進むべき道が見つけられたという点で戦国時代にきたことはよかったんだなと思います。

 

あとは八葉という仲間ができたことも。

周りが大人ばかりだったのも彼にとっては良かったのかもしれないですね〜

 

大和は八葉に対して態度悪い感じで当たりますがそれは今までの生い立ちからくるもの。

相手を試してみたり距離を取ってみたり。

けれど八葉たちは噛みついても大人なので「若いな〜」くらいの受け取り方。あと武蔵はピュアだし。

 

そういうのひっくるめて神子と出会ったこと、戦国時代に行くことになったこと全て大和にとってもこれは運命であり必然だったとすら思います。

 

 

またピアスにヘアピンなど現代感を残したままの要素もありますが、服の配色や模様、デザインは古風な感じも混合しているのが面白いなと思って居たのですが、後々佐々木小次郎となることを考えてのデザインだったのかなと思いました。

 

お前が俺の帰る場所

 

「淋しい時に思い出したり、悩んだ時勝手に頭で相談してみたり…

心の拠り所にする 俺に取ってお前はそういう存在」

 

「だから、どこにいてもいいよ

どこにいたって勝手にお前を頼りにしてる」

 

 

現世に帰るか悩む神子に一番大事なものを選んで決めたらいいと言う大和の優しさや声に結構泣きそうになりました。

 

例えもう手の届かない場所へ帰ってしまっても変わらず想っているよみたいな言葉に弱いんですよね…

 

 

大和 まとめ

 

大和ルートは周りの目線を上手く使って心の動き、変化を表わしていたなと思います。

ルート以外でも一緒に居てくれて、心配してくれたり怒ってくれたりと彼らしい優しさを感じてすごく好きになりました。

 

本ルートの敵、ターラとカピタンの痴話喧嘩には正直苦笑いでした。

白虎先にやってるとカピタンをとてもじゃないけど許せなくて…

このルートではそこまでの悪行を強いてないですが。

まぁこのルート変化球だと想って楽しみました。

 

最後大和は旅に出て、神子は岐阜城に残るわけですが織田の姫的には婚姻問題とかないのかは少し気になります。

秀信は「叔母上に幸せになってもらいたいので大丈夫」スタンスでしょうが周りの人たちとかいつか秀信が嫁を娶った際にゴタゴタしないといいね。とか考えてしまいました。

 

あと妖刀の柄持ちにくくないのかな…とずっと思ってました。

 

朱雀組終えての感想

 

今回朱雀組が健気すぎて、成長が著しすぎてなんかもう尊さで浄化されまくりました。

どっちも相手を思う心が素晴らしくて見守りたい。

神子がいることで強くなれる、そんな2人でした。

 

感想書いてるとだんだん長くなってきてしまうので、玄武はもう少し完結に纏められるようにしたいなと思っています。

 

 

↓他ルートの感想はこちら↓

遙かなる時空の中で7 白虎組【ネタバレ有感想】こんにちは、なとり です。 『遙かなる時空の中で7』 全キャラ攻略が終わったので感想を書いていきます...
遙かなる時空の中で7 朱雀組【ネタバレ有感想】こんにちは、なとり です。 『遙かなる時空の中で7』 今回は朱雀組の感想です。 ネタバ...
遙かなる時空の中で7 青龍組【ネタバレ有感想】 こんにちは、なとり です。 『遙かなる時空の中で7』 今回は青龍組の感想です。 ...

 

 

製品情報

 

 

製品名 遙かなる時空の中で7
制作 コーエーテクモ(ルビーパーティー)
対応機種 Nintendo Switch
Nintendo Switch  Lite
発売日 2020年6月18日
CERO B

 

 

ABOUT ME
なとり
少女漫画、乙女ゲーム、女性向けライトノベルなど恋愛ものが主食ですが、百合、BLもつまみ食いしてます。 漫画、乙女ゲーム、ライトノベルの紹介・感想などを配信する趣味の雑記ブログです。 楽しんでいただけると嬉しいです。

COMMENT