乙女ゲーム

遙かなる時空の中で7 白虎組【ネタバレ有感想】

こんにちは、なとり です。

 

 

『遙かなる時空の中で7』

 

全キャラ攻略が終わったので感想を書いていきます。

ネタバレしかしていないので未プレイの方はお気をつけください。

 

 

白虎の二人は勢力が別(家康側と三成側)になることから

続けてプレイすると違いがより見えて楽しかったです。

 

 

 

↓共通パートの感想・ゲームの紹介記事はこちら↓

【紹介】遙なる時空の中で7【共通パート感想】 2020年6月18日にNintendo Switchソフトとしてついに発売となりました 『遙なる時空の中で...

 

 

当ブログに記載されている内容は、当サイトの管理人の個人的な見解によるものです。

漫画、書籍、ゲーム作品等作者様の思想等とは一切関係がございませんので、ご了承ください。

また当サイトで掲載・引用している画像は、利用者様に作品のイメージをより分かりやすく伝えるために引用させて頂いております。

著作権を侵害することを目的としていませんが、万が一問題がある場合はお手数ですが、免責事項メールアドレスよりお問い合わせをお願いいたします。

 

 

 

黒田長政(CV. 立花 慎之介)

 

 

まず1人目に攻略したのがこちらの長政様。

 

正直最初は朱雀組が安泰っぽい感じがしたので大和にしようか悩んだのですが、自分が思っていた以上に遙か7が楽しすぎて1周目は「楽しめる人からプレイしたい!」と思い長政に突撃することにしました。

 

遙か7は随所に前作の影を感じる部分がありますが、白虎組はキャラクター性に歴代の白虎感が溢れていて

 

「私、今遙かプレイしてる!」ってすごく実感できて楽しかったです。

 

 

ストーリーの流れは非常に綺麗に作られているなと言った感じでした。

「神子殿」の呼び方もすごくよかったです!

 

 

 

神子を軽視した態度

 

おそらく『遙か』慣れしている人はシリーズに1人はこういう八葉がいるので

「あーあなたはそういうタイプね」と思ってウキウキしてきますよね。

後々その事が自分に返っていく様を楽しんでやるぞ〜とか思ったり。

 

長政は八葉である前に黒田家当主という立場があって、家臣を黒田家を守る役割がある。

そう易々と誰かの下に就くことを認めるわけにもいかないのでこうなるのは当たり前。

戦国時代が舞台だという事もありそこがシビアになるのは理解できます。

 

それに彼に舐めた態度とられようとも言っていることは正論で、

長政の軸が分かっていれば言わんとすることも考えも分かるので苛ついたりはしないです。

また、きちんとやるべき事を果たし向き合えば認め、褒めてもくれる。

 

これはかっこいい。好きになる。というか好きになって欲しい!

家臣に好かれているのも納得です。

 

 

 

「童女」扱い

 

序盤から結構子供「童女」扱いもされます。けれど徐々に長政も神子に惹かれていき、

 

「本当に7つの童女であれば俺もいくらか楽だったろうに」

 

 

 

というようにいずれ苦しみ、本気になってしまう様も美味しい展開でした。

そういえば ”7”つの童女の7はナンバリングにかけたものなんですかね?もちろん7歳まで戦国の世にいたということでもあるのでしょうが。

 

お互い思いが通い合っているのは感じているけれど長政は現実的な面も持ち合わせているので「もしお互いの関係に障害がなければ…」など考えても仕方ない事であると分かっているので

「お互いにこの想いは眠らせておけ。俺もこれ以上は何も言わない」

と共通パートで釘を打っておくのもよかった。

 

その後半年ぶりに出会った時の声が嬉しそうだったり、なんだかんだ気にはしていて自分に言い聞かせている

 

 

黒田家当主

 

長政は偉大な父、如水(黒田官兵衛)の築いたものを受け継ぎ、それを大事にしているのが現れているストーリーで若い衆達がカピタンに連れて行かれている事を知り声を荒げて怒るシーンからそれが強く感じ取れました。

唯一九州に行くルートなのでそこも楽しめました。

 

敵対する立場のふたり

 

兼続は敗戦側ということもあって戦いにおける苦心や重さがメインだったのに対し、長政は神子と反対の勢力(上杉側と家康側)である事が最大の障害。

 

黒田家当主 と 織田家の姫

 

というお互いの立場が一緒にいる事を良しとしない。

そこをドラマティックに描いていました。

 

また神子は怨霊を浄化して龍脈を正す事が役割なので現世の戦に関わるべきではないという事もあり、立場と役目が上手くお話に織り込まれていました。

 

 

戦を前に最後の別れを惜しむふたりのシーンで

 

「涙の海にふたりして溺れる事ができたのならばどんなに楽だろうな」

 

 

とすごいドラマティックなセリフを言います。

普通に考えたらクサイ台詞でもあるのですがそこはもう「さすがネオロマだな。」と言った感じです。ブランド力。

それに長政様なのでそのセリフも素敵に感じてしまいます。

 

またお互いの立場を乗り越え結ばれるために長政がとった行動が

織田の姫を人質として貰い受け、此度の戦いの褒美として家康に

養女にしてもらい、その後姫を貰い受けたいと願い出ると言った流れが戦国時代っぽくて、これをやってのけるのが長政様って感じでよかったです。

 

 

長政ルート まとめ

 

気になった点としては、

ストーリー上は数ヶ月は経っていると思うのですが、

プレイヤーからするとお別れしてからあっという間の再会という感じだったので引き延ばすのも難しいと思うのですがもう少しこっち側も焦らして欲しかったな〜というのが個人的には惜しいポイントです。

 

結城さんもこのルートでしか出てこなかったのでちょっと残念。

というかいい人そうだったのでてっきりどこかで裏切ってきたりするのかと思っていました。

 

あとはすごく「ふわラテ」推しのルートでした。他のルートでも出てくるのかと思ってたら長政様だけだった!

 

 

 

 

 

直江兼続(CV.竹本英史)

 

 

2人目に攻略。

 

長政と兼続は勢力も別で対比できるという意味で続けてプレイすることにしました。

 

兼続は史実では敗戦組になるのでお話が重めだった事もありイベント数も多く、ストーリーも結構長かったです。

思っていたよりも大分楽しくプレイできました。

 

長政は唇が色気ポイントでしたが、兼続は口もとの黒子がチャームポイントです。

 

 

「俺に君をほしがらせてみな」

 

上杉の執政という事もあり、最初は八葉になった事を「かんべんしてくれ」って感じでしたが、まぁこの世界において龍脈を正す事は非常に大事な事だと分かっているので皆なんだかんだ協力はしてくれますが兼続は忙しい身。

 

自分を八葉として使いたいのであれば俺をその気にさせてみろ。と挑発的な態度をとってきます。

 

「君と離れがたいと思わせてみろ」

 

 

とか西笑承兌和尚とのシーンで

 

「実は(神子に)口説かれている。俺にすこぶるご執心でな」

 

 

 

なんて会話をしてみたりとどこまで本気で言っているのか。

神子を鬱陶しいとは思ってないだろうけど本気になる事もない相手って態度ですよね〜

 

教養がないとよくわからない言い回しも含めこっちは適度に上手くかわされてるなぁって感じが白虎っぽい。

 

兼続ルートは結構教養が求められるシーンが多かったのでしょっちゅうスマホで言い回しとか、歌とか調べました。

私は昔の言い回しやたとえはおしゃれだなぁ〜、作法とか絶対覚えられない。神子偉いね〜と感心するばかりでした。

特に茶会での堂々たる振る舞いはこっちが神子に惚れるレベルです。

 

 

いつか実現する「希望」「夢」

 

兼続さんは結構現代のものに興味津々なところが可愛いかったです。特に勝手にスムージー作り出すのは笑いました。

 

その中で現代の稲作風景写真を見ていつか未来では皆満足にお米を食べられる世界が来ることに希望を持つシーンや、龍脈を正して令和の世へ帰る前に貧しい国許への希望となる種芋を渡すところはすごくよかったです。

 

じゃがいも によって民が豊になったところを見せられない、恩を返す事ができないのが残念という兼続に

「でもそれでいいんです。龍脈を正す事ができて干ばつも冷害も減ってお米も芋もたくさん取れて食べられるようになるって事だから」

 

と返す神子が本当に天女

 

 

神子的には純粋に力になりたいから自分ができる事から起こした行動の結果なのでしょうがその想いが行動や言葉によって兼続は神子として認める、むしろ天女とまでいわしめるようになる流れはすごく納得できました。

 

その後七夕のストーリーやエンディング後などでも天女や神のように想う描写が出てくる事もあり兼続さんは結構ロマンチックな方なんだなぁ〜と思いました。

まぁ実際龍神なのですが。

 

 

速攻米沢へ連れ帰る

 

兼続が速攻米沢行きを決めちゃうのが新鮮でした。

 

いきなり結婚の話になるの⁉︎と思いましたがまぁ「君を米沢に連れて行けたら」とか言い合っていたのでそういう話になりますよね。

岐阜に帰ってぼちぼち仲を深めるなんて悠長なご時世じゃないですし、歳も離れている事もあって思い切るしかないですよね。

 

でもびっくりするみんなの前で自慢げな兼続さんに

大和が「このおっさんと!?」って言っちゃってましたのは笑いました。

まぁ17歳からしたら30歳はおっさんだしね。ふとそれを思い出して1人落ち込む兼続さんありそう。

 

 

現世に帰れなくなった神子の気持ちに寄り添いたいと、この世界に残るならばと一度は諦め撤回した想いを再度告げてくれるところはすごくよかったです。

 

そのあともご時世的な理由ですぐ結婚はできないことに対して

「君が元の世界に帰ってしまうことに比べれば、これくらい障害の家にも入らんさ」っていうのも素敵。

 

 

岐阜城での戦い

 

岐阜城を守るお話は各ルートで色々パターンがありますが、兼続ルートが一番気合入ってました。

兼続も岐阜城を守るため龍穴で米沢から駆けつけてくれます。

 

また現代の文明の利器「監視カメラ」とか「時計」を使った展開があったり、式神を連絡に用いたりと使えるもんは使ってやるぜ!って感じ。

 

正直ちょっとずるくない?って想いはありましたがまぁ昨今の異世界転移ものとかだとそういう展開たくさんあるし、守らないといけない状況下におかれたらそうなるのも理解はできるかな。

 

 

三成との関係性

 

やはりこのルートで欠かせないのが三成ですね。

 

「三成に自慢しに行こう!」って若い奥さんもらってはしゃいでる感じ可愛かったです。

それに対して五月が「はぁ…そうですか」って温度差がね。ごめんね兄さん。

流石に米沢にはついて行く訳にもいかない大和・五月がちょっとかわいそうでした。岐阜に残っても肩身狭いよね。

 

五月と三成に関しても

三成が怪我をして敗走する状況の中、五月の書いた隠業の札を見て故郷を懐かしむ彼に

「せめて五月に一目会わせてあげてくれ」と何度思ったか。

 

 

三成と兼続の友情も熱く描かれていました。

 

怪我をした三成を必死に抱え懸命に励ましながら逃げ、

なんとか佐和山城に帰り着くものの敗戦は決まってしまった。

そうなったからには早く上杉の兵を引き上げさせる役目が兼続にはあるものの三成を置いて戻る決断はきっと辛かったと思います。

 

兼続「俺の心の半分は北の戦場にあるが、もう半分はここから離れられない」

三成「なら心を半分ここに置いて、痛みを抱えて行け」

 

 

蝋燭 心有りて また別れを惜しみ 人に変わり涙を垂れて 天明に至る

 

 

 

兼続と三成の義を表す会話、少し前に描写のあった杜牧の漢詩を別れで持ってくる辛いシーン。

しかもその後三成はカピタンに酷く殺されてしまう。

 

敗走、三成の死を悔やむ話では声優さんたちの演技も相まってすごく辛かったです。どんな言葉をかける事もできないといった状況でした。

 

その後カピタン討伐という最終決戦に向けて八葉が再結集となるところでこっちもすごく救われました。あと再会した武蔵君が純粋でいい子で癒されました。

でも五月が調子悪そうなのを見てまた落ち込む…プレイヤーの気持ちもジェットコースター状態ですよ。

 

カピタンを討ち、竹生島で「俺たちの米沢に帰ろう」とそれが二人の当たり前になっている事が素敵だなと思いました。

 

 

兼続ルート まとめ

 

お話も長いので必然感想も結構長めになってしまいました。

 

恋愛面においても

ルート入った時点で気持ちも通い合っていて、輿入れも決まっていることからしばらくは一緒にいた2人ですが、

戦によって岐阜にいることになった際会えない2人の話を盛り込んでいたり、七夕伝説にもかけてみたり盛り沢山でした!

 

ずっと会えなかったことに神子が「寂しい」って言葉に出したり、

もうすぐ会えるよと言った兼続に対して「嘘つき」とわがまま言ってみたり。

神子も可愛いし、兼続も満足気で可愛い尽くしでした。

戦だからわがまま言っていられないのも理解できますが、兼続の方がずっと年上だし寂しいとか会いたいみたいな我儘は言っていいと思うのでその辺りがようやく神子の年相応さも出ていてよかった。

 

 

気になった点としては、

天上(?)の天の川から井戸に水を引いてくる点と、

直江状の画像(スマホで撮ったもの)を見せて家康を説得する展開も戦国時代の人が見たことないからくり道具をもとに納得できるものなのかといった点については結構無理を通したように感じました。

 

でも飽きない展開が続く上、新しいパターンを見せてくれたのでお話としては一番楽しんでやっていたと思います。

 

またこのルートではあやめちゃんが兼続の養女になるので神子と結婚したら必然自分の娘になるのも美味しいですね!選択肢でそれを喜ぶ神子がいたのも面白かった。

それに1人米沢って本当に寂しいと思うのであやめちゃんいてくれて神子は本当に助かっていると思います。兼続は忙しいだろうし。精神面での癒し。

 

 

 

白虎組終えての感想

 

どっちも楽しかったですね〜

正直序盤で攻略したのがちょっともったいなかったです。

どちらも年長組でしたが可愛気もあり、甘さもしんどさも兼ね備えていてよかったです。

どっちのルートも神子が可愛かったし満足できました。

 

↓他ルートの感想はこちら↓

遙かなる時空の中で7 朱雀組【ネタバレ有感想】こんにちは、なとり です。 『遙かなる時空の中で7』 今回は朱雀組の感想です。 ネタバ...
遙かなる時空の中で7 玄武組【ネタバレ有感想】 こんにちは、なとり です。 『遙かなる時空の中で7』 今回は玄武組の感想です。 ...
遙かなる時空の中で7 青龍組【ネタバレ有感想】 こんにちは、なとり です。 『遙かなる時空の中で7』 今回は青龍組の感想です。 ...

 

 

 

製品情報

 

 

製品名 遙かなる時空の中で7
制作 コーエーテクモ(ルビーパーティー)
対応機種 Nintendo Switch
Nintendo Switch  Lite
発売日 2020年6月18日
CERO B

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
なとり
少女漫画、乙女ゲーム、女性向けライトノベルなど恋愛ものが主食ですが、百合、BLもつまみ食いしてます。 漫画、乙女ゲーム、ライトノベルの紹介・感想などを配信する趣味の雑記ブログです。 楽しんでいただけると嬉しいです。

COMMENT