マンガ

復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる【紹介 感想】

 

こんにちは、なとりです。

 

今回は小説家になろう コミカライズ作品

『復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる』

を紹介していきます。

 

 

当ブログに記載されている内容は、当サイトの管理人の個人的な見解によるものです。

漫画や書籍の作者様の思想等とは一切関係がございませんので、ご了承ください。

また当サイトで掲載・引用している画像は、利用者様に作品のイメージをより分かりやすく伝えるために引用させて頂いております。

著作権を侵害することを目的としていませんが、万が一問題がある場合はお手数ですが、免責事項メールアドレスよりお問い合わせをお願いいたします。

 

 

あらすじ

 

ワガママな幼馴染のあさひに懐かれ付き纏われているせいで散々な目にあってきた主人公森川瑠璃。

そんなあさひに巻き込まれ瑠璃は異世界に召喚されてしまうが、邪魔者扱いされた瑠璃は一人森に放り出されてしまう。

そんな中森に住んでいたチェルシーに保護され自身が聖霊に愛される”愛し子”であることを知る。

愛し子はこの世界において非常に貴重で使い方次第で国や世界を左右する力にもなる。

そのことからチェルシーは世界を知り、今後の生き方を考えられるよう龍王国へと向かうことになる。


紹介動画

 

KADOKAWAオフィシャルチャンネルで試し読み動画もあります!

 

書籍情報


タイトル 復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる
原作 クレハ
作画 あき
キャラクター原案 ヤミーゴ
出版社 KADOKAWA

 

 

原作小説

 


主な登場人物

 

画像引用:KADOKAWA ComicWalker公式サイトより

 

 

森川 瑠璃

大学生。外国人モデルの母と外交官の父を両親にもつ。
幼馴染のあさひに懐かれ付き纏われていて小さい頃から散々な目にあっている。
瞳は瑠璃色で、髪の色はプラチナブロンドだがあさひのわがままに巻き込まれ黒髪のカツラを被っていた。
異世界で手に入れた魔法の腕輪の力で白猫に変身できるようになった。

ジェイド

竜王国の国王。
結婚するよう側近からせっつかれているが、本人は興味なし。
たまたま街で出会った人間の姿の瑠璃に興味を持つが、その後愛し子としてやってきた猫姿の瑠璃を気に入り愛でることの方が大事になっている。

 

篠宮 あさひ

瑠璃の幼なじみ。
本人に自覚はないが、“魅了”の力を使うことができ、その力で周りの人間に好意を持たせ操ることができる。
操られた人からの嫉妬や妬みを買い瑠璃は困っているがそのことをあさひ自身は全く気づいていない。

チェルシー

竜族。森の中に一人住んでいる。
異世界に来て右も左もわからない瑠璃を保護し、面倒を見てくれる。
瑠璃が自分で今後のことを決めていけるよう王都で竜王の側近をしている息子クラウスのもとへ瑠璃を託す。

 

他にも精霊関係や、王都の人たちもいますが、登場人物は人族サイド以外はほとんどいい人たちばかりです。

『復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる』の見どころ・感想

 

『復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる』の魅力を簡単に紹介していきます。

 

 

作画が安定していて綺麗

 

作画はあきさん。

絵柄は可愛らくしく、綺麗で安心して見ていられます。

私は10年来のあきさんファンなので最初はそれをきっかけに見始めました。

 

全体のバランスや描き込みも安定していて、女性は愛らしく、男性は美麗!

今回は作品の雰囲気もライトな感じなのでデフォルメも多くふんわりかわいい印象です。

髪の毛の線の入れ方が繊細で黒髪もベタ塗りではなく線とトーンで描写しているのも作品の雰囲気とあっていると思います。

 

 

 

ストーリー、キャラクター含め世界観は優しく癒される

 

猫、妖精、精霊、獣人、竜族など色々な種族が出てきます。

おそらくほとんどの方が幼なじみのあさひちゃんにはイラッときてしまうかもしれませんが、そこは狙って描いていると思うので存在だけ頭に入れておいて、森での暮らしからの展開に癒されてください。

タイトルに復讐を誓った〜とありますが可愛らしい復讐内容なので大丈夫です。

そしていつ膝の上で惰眠をむさぼるんだ?とも思うでしょうがいずれやってきますので(笑)

 

なとり
なとり
とりあえず猫になるまでにある程度かかる上、ヒーローのジェイドが出てくるのも少しあとになります。

 

小説だと身の上話が割と長くてヒーローの登場が遅いことはままある気がするすが、

少女漫画だとヒーロ出てくるの遅いのってあまりないですよね。

 

 

 

竜王様とのお話

 

私は原作小説も1部(だったかな?)まで読んでいるので今後の展開はある程度までは分かっているのですが

最初は世界観や関係値の構成にある程度かかるので恋愛展開はまだ?と思うかもしれないのですが話が進んでいけば竜王さまとの関係も進んでいきますのでご安心を。

 

もちろん出会いのシーンやその後のストーリーでも心情の変化などもありつつ少しずつ距離が縮まっていく過程があるので全くないという訳ではないです。

 

なとり
なとり
でも猫の時も可愛いのでそれはそれで可愛いです。

 

 

 

まとめ

 

あきさんの作画で惹かれて見始めたのですが内容も分かりやすく、

読者側は本来は猫じゃないことを知っているのでいつそこが明らかになっていくのかなどじれったい感じも楽しめていいと思います。

 

どうしてもこういったなろう系や、少女小説ジャンルは絵から入ってしまうのですが

絵が良いということはそれなりに編集や、出版社側も力を入れているという現れでもあると思うので一つの目安としてはありですね。

 

 

 

ABOUT ME
なとり
少女漫画、乙女ゲーム、女性向けライトノベルなど恋愛ものが主食ですが、百合、BLもつまみ食いしてます。 漫画、乙女ゲーム、ライトノベルの紹介・感想などを配信する趣味の雑記ブログです。 楽しんでいただけると嬉しいです。