マンガ

ある日、お姫様になってしまった件について【紹介 感想】

 

なとり
なとり
こんにちは、なとりです。

 

今回紹介する漫画は

『ある日、お姫様になってしまった件について』

 

韓国で人気のファンタジー作品が日本語に翻訳された作品です。

全ページカラー且つ絵も塗りも非常に綺麗で着ている服も凝っていて非常に眼福な作品です。

 

 

当ブログに記載されている内容は、当サイトの管理人の個人的な見解によるものです。

漫画や書籍の作者様の思想等とは一切関係がございませんので、ご了承ください。

また当サイトで掲載・引用している画像は、利用者様に作品のイメージをより分かりやすく伝えるために引用させて頂いております。

著作権を侵害することを目的としていませんが、万が一問題がある場合はお手数ですが、免責事項メールアドレスよりお問い合わせをお願いいたします。

 

 

あらすじ

 

主人公は睡眠薬を飲んで眠ったところ、目が覚めたら赤ん坊になってしまっていた。

それもネット小説『かわいらしいお姫様』に登場する脇役姫”アタナシア”として・・・

しかし小説でアタナシアは18歳の誕生日に父クロードに殺されてしまう運命。

その運命を回避する為、幼少の頃より準備を始めるアタナシアだがある日迷い込んだ先でクロードと出会ってしまってーー

 

漫画情報

 

 

タイトル ある日、お姫様になってしまった件について
作者 Spoon
出版社 KADOKAWA

 

 

 

 

登場人物

 

アタナシア(愛称:アーティー)

主人公。アタナシアになる前世(現代)では孤児院出身の社会人だったがある日目が覚めるとネット小説『かわいらしいお姫様』に登場する脇役姫”アタナシア”として転生していしまった。

アタナシアはクロードの唯一の実子で直系の証である宝石眼を持っている。容姿は母親のダイアナに瓜二つ。

物語のような悲劇を辿らないよう逃走の計画を進めるものの偶然物語よりも早くクロードと出会ったことで関わるようになり、殺されないよう、機嫌を損なわないよう奮闘する。

 

クロード

オベリア帝国の現皇帝でアタナシアの父親。

後継者であった兄を殺し今の地位についている。

アタナシアをずっと放置していたが偶然の出会いから少しずつ距離が縮まっていく。

冷酷で感情の起伏があまりない。

 

ルーカス

謎の大魔法使い。

能力は高く、アタナシアが魔力によって意識を失った際助けたことで一緒にいる機会が増える。

何百年も生きていて自分の年齢を自在に操れるが今はアタナシアの成長に合わせて姿を変えている。

 

イゼキエル

『かわいらしいお姫様』の男主人公。アルフィアス公爵家長男。

ルーカスの魔法で空から降ってきたアタナシアと出会い、好意を抱くようになる。

 

ジェニット

『かわいらしいお姫様』の主人公。クロードの兄と元婚約者の子供。

アルフィアス公爵家で保護されているためイゼキエルとは家族のように育った。

 

 

『ある日、お姫様になってしまった件について』見どころ・魅力

 

なとり
なとり
『ある日、お姫様になってしまった件について』の見どころや感想を紹介していきます。

 

『かわいらしいお姫様』の運命

 

まずは物語のベースになっているネット小説『かわいらしいお姫様』について簡単に説明していきます。

物語の主人公はオベリア帝国の姫次女ジェニット。容姿も可愛らしく、性格も優しい心の持ち主。

その父親クロードは兄を殺し帝位に就いた冷酷な皇帝。そんな冷たい皇帝の心を溶かしジェニットは父と公子ともに幸せに暮らしました。おしまい。

 

というお話なのですが、その一方お話の中で出てくる脇役姫長女アタナシアは後宮に閉じ込められたまま放置されていたが9歳の時父と出会い、認めてもらおうと努力を尽くすものの父には認めてもらえず、ついにはジェニットの叔母の策略で毒殺犯にされ殺されてしまう

なかなか可哀想なお話なのですが、まぁこの手の漫画では原作になっている乙女ゲームとか全体的に理不尽な傾向ありますよね。

 

そんな感じで原作のストーリーのようにならないよう、処刑される前に逃げ出そう、と闘争資金を貯めていましたが、ある日迷い込んだ宮殿でクロードと出会ってしまいなんとか殺されないよう不興を買わないよう愛想を振りまいてみたりと頑張ります。

 

アタナシアとクロードの親子関係のストーリー

 

殺されてしまう運命に負けないためクロードをパパと呼び甘えてみたり、パパといるのが一番嬉しいなど娘に言われたらそれはもう可愛い言葉・行動でアピールしまくります。

アタナシアは最初は怒ってる?不満なの?となりますが素直に愛情を出さないだけで大事に思ってることが端々に見えてくるのが非常に微笑ましいです。

 

 

イラストが美麗

 

全ぺージオールカラーなので見応えバッチリです。

主人公のアーティー(アタナシア)をはじめ金髪碧眼の親子が非常に美麗です。

特に瞳がキラキラしていて宝石眼と言うだけあって絵にもきちんと現れています。

アタナシアの洋服も毎話凝っていて可愛い。ひらひらで髪の毛もふわふわでまさに憧れのお姫様です。

絵柄が好きならば見ているだけで幸せな気持ちになれます!

また後々出てくる少年達も麗しくて親子関係のストーリーがメインではありますが、その少年達とアタナシアの成長・関係性にも注目です。

 

 

まとめ

 

とにかく絵が素敵な作品です。

アーティーの可愛さとパパとの関係を愛でるのが第一ですが、ルーカス、イゼキエルも素敵。

恋愛というよりは親子関係を見守るのが癒しと言う作品です。

気になる方はよければ読んでみてください。

 

ABOUT ME
なとり
少女漫画、乙女ゲーム、女性向けライトノベルなど恋愛ものが主食ですが、百合、BLもつまみ食いしてます。 漫画、乙女ゲーム、ライトノベルの紹介・感想などを配信する趣味の雑記ブログです。 楽しんでいただけると嬉しいです。