マンガ

【感想】花野井くんと恋の病 6巻【ネタバレ有】

こんにちは、なとり です。

 

『花野井くんと恋の病』6巻の感想になります。

 

 

当ブログに記載されている内容は、当サイトの管理人の個人的な見解によるものです。

漫画や書籍の作者様の思想等とは一切関係がございませんので、ご了承ください。

また当サイトで掲載・引用している画像は、利用者様に作品のイメージをより分かりやすく伝えるために引用させて頂いております。

著作権を侵害することを目的としていませんが、万が一問題がある場合はお手数ですが、免責事項メールアドレスよりお問い合わせをお願いいたします。

 

 

 

 

『花野井くんと恋の病』あらすじ

 

 

高校1年生の冬、隣のクラスのイケメン・花野井くんがフラれる現場を見てしまったほたるは、何気なく傘を貸したのがきっかけで「僕と付き合ってください」と公開告白されてしまう! 好きな子のためなら、なんでもしてあげたい花野井くんの過剰で純情な愛情に戸惑うほたるだけど…!? 恋がわからない女子×愛が重すぎる男子の初恋ラブストーリー♥

出典:デザート公式サイトより

 

 

書籍情報

 

タイトル 花野井くんと恋の病(6巻)
作者 森野 萌
出版社 講談社
雑誌 デザート
発売日 2020年6月11日

 

 

6巻ネタバレ有り感想

 

前巻の初キス後

花野井くんの小学生時代の回想から始まります。

 

 

以下ネタバレ有りの感想になりますので、未読の方はお気をつけください。

 

小学生時代の回想

今までのお話で明かされていますが、

花野井くんは6年生の時に転校してきてクラスは違うもののほたると同じ小学校に通っていました。

落とし物を拾ってもらったこともありほたるのことは気になっていたようです。

 

 

家では祖母と叔母一家と暮らしているからか家にも居づらい様子。

学校でもいつも一人で本を読んでいます。

 

 

現在も一人で行動していますが小学生時代は周りの子が話してる会話を気にしていたりと

どことなく混ざりたい雰囲気が伺えます。

故意に除け者にされているわけではなく自分から入っていけないタイプなんだろうな〜と思いました。

 

私もそっちのタイプなのですが、1人が苦ではないものの孤立していたいわけではないんですよね。好きなものの話とか一緒にしたいですし。

 

ほたるも積極的なタイプではないので周りの空気を読んで声をかけられなかったりする姿に親近感を感じたりしながらいつもほたるを目で追う花野井くん。

小学生の可愛らしいものですが、ちょっとストーカーチックな片鱗はここから伺えます。

 

卒業も近くなったある日学校からプロフィールカードが配られ、最低3人ととそのカードを交換しましょうという宿題が出されます。

 

友人のいない花野井くんはそれを紙飛行機にして飛ばしていたところにほたるが。

その紙飛行機を拾って話しかけてくれたこと、自分を知ってくれていたことに慌てているところが可愛いらしいです。

 

 

ほたるは1枚カードを余らせていたことから交換する流れになりますが花野井くんはまだ記入していなかったので後日渡すことに。

 

ほたるからもらったカードを嬉しそうに眺めながら「あの子が僕の運命の人だったらいいのに」と思う花野井くん。

けれどある日八尾くんと抱き合っているところを目撃してしまいます。(飼い犬のお話の時)

 

その後なかなか自分のプロフィールカードを渡せず日が経ってしまいます。

ようやく決心してほたるのもとへと向かいますが

のんちゃんから髪を切られている現場を目撃してしまい、助けてあげることも声をかけてあげることもできず逃げた自分を悔います。

 

 

回想に関しては後付け感もありますが、

前作おはよういばら姫でキャラクターの背景とかもきちんと練られていたこともあって元々あった設定を今回まとめてお披露目した感じなのかなと思います。

小出しにして出していましたし。

少なくともほたると花野井くんの小学生時代に関しては考えられていたと思います。

 

1巻の二人の出会いの時に何故あの公園にいたのかという会話とか、ほたるちゃんは僕のヒーローと言っていた会話などはこの時のことも含まれているんだな〜と分かりました。

 

1巻のクリスマスが誕生日だって知っていたことなどはプロフィールからなのかな?まぁ花野井くんなら調べあげそうですが。ほたるちゃんゾーンにはきっとプロフィールカードも飾っているんでしょうね〜

 

この回想で「運命」だったり、ほたるちゃんに心酔気味な花野井くんの謎が少し明かされたのでいつかこれを本人に話すのが次のステップになってくるのだと思います。

 

 

始めてのキス その後

 

ほたるは姉と買い物、花野井くんはバイトで黒江主任のお手伝いへ

ほたるは初キスを思い出して羞恥に悶える一方

 

花野井君は「かわいい」と言われることを気にしているようで黒江さんに自分の話だとは伏せてそれとなく相談を持ちかけたり、雑談もしたようで黒江さんには結構心を許しているんだなと思うシーンもありました。

 

その後たまたま4人は出会い、姉が「どっちが彼氏なんだーー!?」となるシーンで

こんなイケメンが彼氏だったら詐欺か遊ばれているんじゃないかと花野井君を訝しみます。

まぁ姉としては誰であろうとどこかしら心配はありますよね。

 

 

その後二人で少し話そうと姉達と別れ、

恥ずかしくてあまり目を合わせれられないほたるにキスをして怖がらせたのかと不安になった花野井君は

しばらくはキスもスキンシップも許可制にしようと提案しますが、嫌だったわけではないし、恋人同士なら触りたい時に触ってもいい、我慢させるのは違う気がする。と頑張る方向で話し合いキスをします。

 

 

花野井君の成長

 

 

球技大会が近づき、球技大会の優勝商品

”食堂のメニューで好きなものを食べられる権利”をほたるちゃんに捧げたい花野井くん。

 

またスポーツをしている姿を見てかっこいいと思って欲しい花野井君は同じチームの倉田君に協力を求めます。

 

いつもはそっけない花野井君が殊勝に頼み事をしてくる姿に戸惑いながらも快く引き受ける倉田君。

しかしバスケットはチームプレイなので他のメンバーにも協力を頼みます。

 

いつもは人と距離をとっている花野井君。

何故優勝したいのかと問うチームメイトに渋々

「彼女にかっこいいところを見せたいから」と話すと驚かれ、また親近感から距離も縮まり皆練習に協力してくれることに。

倉田君とは必殺技の練習をしたりと結構仲良くなってきてるのも微笑ましいです。

 

花野井君は今だけだからと否定しますが、ほたるもみんなと仲良くしてくれるのは嬉しい。

でも花野井君は人との距離感にも色々と違いがあってもいいことに気づいていないからか仲良くしすぎないようにしている感じがしました。

 

ほたるは本当は私以外も大事にしたい人で、大切な人が増えるほど大事にするのは難しいから悩んでしまっているのだと考え力になりたい。と思います。

 

 

そして球技大会へ

 

球技大会当日ほたるは早起きをして待ち合わせ1時間前に到着して花野井君と合流。

未だ1時間前にやってきている花野井君は流石です。

 

早起きして作ったお弁当を渡し、「頑張った分報われて欲しい」「応援しているから。」と告げ互いに試合へ。

 

お昼にもらったお弁当を開けると「ガンバレ」の文字が。

チームメイト達からも羨ましがられます。

 

「一口ちょうだい」の軽口に「ひとつでも触ったら指の骨を砕く」と本気で返す花野井君。

「友達に対してひどい仕打ち」と言われ

「友達じゃないけど今日まで練習に付き合ってくれて感謝している」

とお礼を言います。

前日に少し距離をとる発言をしたことを気にしていたこともあり思い切って言ったのだと思いますがそのチームメイトは

「もうなんでもいいって」と笑って返されたことに

「そんなのでもいいのか」と思います。

 

 

ほたるのチームは負けてしまい、花野井君の応援へ向かいます。

 

試合は盛り上がっていて花野井君も活躍している中ほたるの応援に即効振り向き笑顔で返しやる気も上昇。

ほたるは活躍する花野井君がいつもよりキラキラしていて目が離せない。

 

残り時間ギリギリに倉田君と練習していた必殺技、アリウープを決めて試合は終了。

倉田君とハイタッチを交わします。

 

試合後ほたるに「すごかったね!」と矢継ぎ早に褒めちぎられ

「すっごいかっこよかったよ!」

の一言にほたるを抱き上げ「ありがとう」と満面の笑みで締め括られています。

 

かっこいいと言われて良かったですね〜気にしていたみたいなので。

しかしお弁当にアリウープに抱き上げたりと私には眩しすぎました。笑

青春だ〜

 

まとめ

 

小学生時代の回想を読んで今までのお話を読み返すと花野井くんの行動の理由とか背景が見えてくるのでちょっと読み直してみようかな〜と思っています。

 

花野井君は人との付き合いも、努力の仕方も不器用さが現れていましたね〜

バスケに関してもシュートの練習は1ヶ月前から始めていたり、以前バレンタインでも練習を重ねていたりと努力家ですね。

花野井君の「運命の人」へのこだわりと、友達のおじいさんについてなどは今後も気になるところです。

 

 

 

おすすめ漫画

 

 

 

 

 

ABOUT ME
なとり
少女漫画、乙女ゲーム、女性向けライトノベルなど恋愛ものが主食ですが、百合、BLもつまみ食いしてます。 漫画、乙女ゲーム、ライトノベルの紹介・感想などを配信する趣味の雑記ブログです。 楽しんでいただけると嬉しいです。