マンガ

【漫画】指輪の選んだ婚約者【ネタバレ・感想】

 

原作:茉雪ゆえさん、コミカライズ:早瀬ジュンさん の小説家になろう発作品

 

『指輪の選んだ婚約者』を紹介していきます。

 

1巻の内容が主になります。

 

 

当ブログに記載されている内容は、当サイトの管理人の個人的な見解によるものです。
漫画や書籍の作者様の思想等とは一切関係がございませんので、ご了承ください。

また当サイトで掲載・引用している画像は、利用者様に作品のイメージをより分かりやすく伝えるために引用させて頂いております。

著作権を侵害することを目的としていませんが、万が一問題がある場合はお手数ですが、免責事項メールアドレスよりお問い合わせをお願いいたします。

 

あらすじ

恋愛に興味がなく、刺繍が大好きな伯爵令嬢アウローラ。刺繍目当てである夜会に参加した彼女、誰と話すでもなく他の令嬢のドレスを眺め続けていた。そんな彼女に一つの指輪が突如激突!? これはいったい……?

出典:KADOKAWAホームページより

 

試し読み動画

KADOKAWAオフィシャルチャンネルで試し読み動画もあります!

 

漫画情報

 


 

タイトル 指輪の選んだ婚約者
漫画著者 早瀬ジュン
原作 茉雪ゆえ
キャラクターデザイン 鳥飼やすゆき
出版社 KADOKAWA

 

原作小説


漫画作者 早瀬ジュンさんtwitter

作者さんのtwitterでは最新情報、イラストなども更新されています。

 

登場人物

 

画像引用:ComicWalkerサイトより

 

アウローラ

伯爵令嬢。刺繍が好きを通り越して刺繍マニアの領域。

フェリクスから仮の婚約を申し込まれ受け入れた理由も婚約すれば見合いもしなくて良くなり、刺繍の時間が増えるという理由から。

 

フェリクス

公爵家嫡子。生真面目。

王太子の近衛隊騎士で将来有望・容姿端麗なこともあり女性からの人気も高く氷の貴公子、月の騎士と呼ばれている。

大量の見合い話によって自棄になり、指輪を投げて当たったアウローラに仮の婚約を申し込む。

 

 

ルナ・マーレ

フェリクスの姉。美人。

フェリクスの将来(主に婚姻相手)を気にしていてアウローラにも愚弟を見捨てないであげてと詰め寄る。

 

ルミノックス

アウローラの兄。身体が弱い。

社交の場ではいつも妹のパートナーを務めていた。

 

ユール

公爵家嫡男。フェリクスの同僚。近衛騎士。

クラヴィスと仲が悪い。

 

テクスタス

王太子。優秀な魔術師で魔女王子と呼ばれている。

古い魔術を研究していてアウローラの刺繍に宿った魔力に興味を持つ。

 

 

『指輪の選んだ婚約者』の見どころ・感想

『指輪の選んだ婚約者』の見どころや感想を紹介していきます。

一部ネタバレ要素も含まれますので、未読でネタバレが気になる方はご注意ください。

 

きっかけは結構コメディ

 

フェリクスが姉の持ちかけてくる見合い話が嫌になって自棄を起こし、

酒を飲み酔った頭で指輪を放って当たった女性が妻だと宣言。

 

指輪を投げつけて頭に直撃したアウローラを妻にすると宣言してしまうことから始まります。

 

アウローラもあまり気にした様子もなく受諾してしまう辺りもなかなかですね。

 

 

刺繍狂いアウローラ

 

最初から刺繍のことばかりなアウローラ。

 

社交の場に来るのはいろいろな刺繍が見られるから、

フェリクスの仮婚約を引き受けたのも見合いの必要がなくなって刺繍ができるから。

王太子から研究のために刺繍を頼まれた際は心置きなく刺繍ができることに頬も緩みご満悦の表情が可愛いです。

 

そんなアウローラですが最初のフェリクスの謝罪シーンでは冷静に分析していて周りもよく見えている子だと思います。

 

なとり
なとり
原作はもっと刺繍狂いで腕も職人並みだそうです。

 

 

真っ直ぐな主人公とお堅い騎士とのラブロマンス 

 

安心してみていられる作品だと思います。

 

容姿端麗・将来有望なフェリクスを真っ直ぐ受け入れ支えていく主人公という感じですね。

 

フェリクスの方は所々アウローラに好感を持つシーンや周りの男達に牽制をするシーンなどが垣間見えます。

 

徐々に近づいていくであろう二人のこれからが楽しみです。

 

絵柄は全体的に可愛らしく刺繍の描写も所々散りばめられていてお話とともにほんわりした雰囲気の作品です。

 

 

まとめ

 

原作のファンからも雰囲気を壊さず絵柄も可愛いという評価でコミカライズとしては成功しているのだと思います。

 

レビューによるとストーリーの細かい説明などは分かりにくい部分もあるとのことだったので、原作も読んでみると理解が深まるかと思います。

 

ファンタジー要素もあるのでその辺りの説明とか登場人物の深掘りとかはコミカライズではどこまで描写するかというのは難しそうです。

 

表紙も綺麗ですし作品の入り口として、また漫画単体としても良かったと思います。

 

 

 

 

ABOUT ME
なとり
少女漫画、乙女ゲーム、女性向けライトノベルなど恋愛ものが主食ですが、百合、BLもつまみ食いしてます。 漫画、乙女ゲーム、ライトノベルの紹介・感想などを配信する趣味の雑記ブログです。 楽しんでいただけると嬉しいです。